FC2ブログ

椎名ゆな

美しい女
06 /11 2017
 愚痴記事で今日という日を終わりたくないもんだ・・・。

 素晴らしい言葉があったので皆さんも是非。

 「ルールを守るよりも作ればいい 誰かが用意したレールを歩いていたら満足はできない」

 

 なるほどな~。いい言葉だ。
 私は、どうしてもということとなれば、ルールは破るしかないと考えていた。また今度もクビを覚悟の強行突破か・・・、と思っていた。

 ・・・。

 映像と記事内容と全然関係ありません。椎名ゆなさん、相変わらず綺麗だ。

 

相談の意味がまるでない

おれ的問題意識
06 /11 2017
 いや、待て。
 自分のやりたいことができないからと言って、辞めるのはまだ早い。
 それは歯がゆく、時に悔しく怒りを感じ、じりじりした思いであることは確かだ。

 すぐカッとなるのは私の悪い癖だ。熱くなると動かずにいられない。じっとしていられない。おれの人生だ。やりたいことが出来ない、やらないなんて、人生じゃない。

 だが待て。
 とにかく、今の現場で、自分のやりたいことができるよう最大限の努力をすべきだ。
 環境のせいにしてはいけない。今の環境がそうなのであれば、自分がその環境を変えればいいんだ。

 ではどうやって?どうすれば今のこの環境を変えることができる?

 「何かやる時には必ずリーダーに相談しろ」
 私はその言に従い、100件以上相談した。が、100件ことごとく全部否定された。第一、だめって何だよ、だめって。意を決しせっかく提案・相談した挙句、結果、何のかんの理由つけて、その場ですぐ「だめ」って、そりゃねえよ・・・。一体何のための相談だよ。せめて代替案なり、会議で取り上げるなり、現場ミーティングをするなり、何か動けよ。何かやれよ。それがリーダーってもんじゃないの? 生産性がまるでない。「相談」する意味がまるでない。「相談」するだけ時間の無駄だ。

 例えば、入浴介助。
 重度の介護度のご入居者はシャワー浴になっている。だが、「お風呂に入りたい」と言っているんだ。「なんでお風呂に入れないの?」と言っているんだ。
 入浴させない理由は、「スタッフの体の負担になる」という全く納得できない理由。
 私がやります、と言えば、「安全性が保障できない」。
 機械浴を使用すれば安全性は高まります、と言えば、「今機械浴使ってないから」。(一体何のための設備だよ・・・)
 機械浴での入浴手順書出しますので、ミーティングして頂けませんか?、と言えば、「忙しいから・・・」。(忙しいからできないなんて、他の業界だったら机引っくり返されてるぞ・・・)

 残念だが、これ以上言うと、人間関係が悪化してしまう・・・。もはや手遅れか・・・。


 おっとまずいまずい。この記事、愚痴ばっかりになってしまった。ごめんごめん。

 とにかく、そんな現場をどうやって変えるか、それが私のテーマなんだ。という記事でした。愚痴ばっかりでごめん。。。
 

南野陽子

美しい女
06 /07 2017
 尾崎豊を語る南野陽子さんは、まるで姉のようでもあり、また母親のようでもある・・・。
 

 
 

M女性の美しさ(友田真希)

官能の美学
06 /07 2017
 SMについて私は語れない。経験が無いからだ。今の所、そういう妄想だけしかない。

 M女性は美しいと思う。
 友田真希さん。顔の良し悪しとかそういうのを超越した美しさが彼女にはある。エロスだ。
 男のS行為を受け入れる彼女は、本当に美しくエロティックだ。

 女性の本来の美しさ、いや、その女性の最高の美しさというのは、男によってでしか表現されないのかもしれない。

 SMというのは、単に男の自分の欲望を満足させる行為なのではないと思う。その女性の美しさを最大限に引き出すことこそ、目的であり、その為の行為なのだと思うのだ。

 アダルト動画:緊縛イラマチオ 友田真希 
 

続きを読む

諸行無常の響きあり

おれ的問題意識
06 /07 2017
 「和巳さんがそれやると、他の職員は何でやらないのって話になる」
 ・・・。
 じゃああんたもやれよ。
 大したことしてねえだろ。おれのマッサージなんて子供が母親にする肩叩きに毛が生えたようなもんだ。
 やり方わからなけりゃ、喜んで教えるぞ。

 「いろいろやってくれてるんだけどねえ。あんまりご入居者の体に触ると誤解を招く。あの人のご家族、けっこうクレーマーなんだ」
 ・・・。
 下半身の機能訓練、要はやめろと・・・。あんなに喜んで下さってるのに・・・。

 「そんな余計なことするから、あんたは仕事が遅いの」
 ・・・。
 不安になっているご入居者の話を聞いてるだけだろ? 別に残業代くれなんて言ってないぞ。

 「安全が保障できないから」
 歩行練習もやめろと・・・。本人はこんなにやる気になってるんだぞ。

 「ご入居者さんが疲れるから」
 それ言ったらもう何にも出来ねえよ・・・。

 ・・・。

 やることなすこと押さえつけられて満たされるわけねえだろ。
 それが出来ねえ理由なんて百も二百も挙がるよ。人の欠点弱点なんて言い始めたらそれこそ切りがない。
 それより、どうすればそれが出来るか出切るようになるか考えろや。人の良い所見つける努力をしろや。欠点百個見つけて、良い所一つも見えないなんて、人としてどうかしてるぞ。あんたのな。

 とは言え、こんな私を雇って下さったご恩もあるし、何より、人間関係悪くしたくない。お仕事頂けてるだけでも本当にありがたいと思っている。
 だから、逆らったり、反論・異論言ってない。何言われても、グッと飲み込んで、「申し訳ございません。以後、気をつけます」だ。そう言うだけじゃなく、実際に従っている。上司、先輩の言うことは絶対なのだ。
 まるで、Mだ。しかし、ご主人様のお気に召さないMだ。尻尾なんて振ってられっかよ。

 何となくわかるよ。
 変えたくないんだろ? 変わりたくないんだろ? 変化が怖いんだろ?
 今の環境、仕事、人生・生活・・・。

 だがな。望もうが望むまいが、諸行は無常だぜ。おれでなくても、誰かが、あるいは何かが、否応なく、今の状態を変えていく。今っていう時も環境も人も変わっていく。変えられてしまう。そして、自分に変化を余儀なくされた時は、もう既に時遅しなんだ。

 それが嫌なら、自分から変わることだと思うぜ。

Live Wire/Motley Crue

音楽・映画・本
06 /04 2017
 確かに、今の私の生活は窮迫し、仕事もなかなか上手くいかない状態だ。

 仕事やお金、女性関係っていう意味では、むしろ、あの頃の方が上手くいっていた。
 目標もあり、夢に溢れ、時には恋人さえもいた。仲間同士で肩を叩き合い、何とかなるさ!って笑顔もたくさんあった。
 だが、心の中で何かもやもやしたものがあった・・・。

 今、私は、自分の人生を生きているっていう実感があるんだ。
 生活は窮迫し、冬は寒さに震え、仕事もなかなか上手くいかない。恋人もいなければ友達もいない。
 にも関わらず、むしろあの頃より充実してるんだ。自分の人生を、おれは確かに生きてるっていう実感があるんだ。

 行く手もわからない自分の道を、自分の足で歩いているっていう、そんな感覚さ。

 無論、だからと言って、勝つか負けるか、それは誰にも自分にもわからない。
 
 
 
 

「気・血・精」の基本

仕事の方法論(介護職)
06 /03 2017
 おはようございます! 本日もよろしくお願いします!

 健康体操、今日も張り切って行きましょう!

 と、その前に、何故、運動が大切なのか、ということについてお話させて頂きたいと思います。
 相変わらず、能書き多くてすみません・・・。

 睡眠、運動、食事。このどれか一つ欠けても人は体調を崩します。悪くすると、病気になったりするかもしれません。
 脅かすつもりはないですよ~。そんなに難しいことじゃないんですから。今、ここにいらっしゃる皆さんは大丈夫です。

 食べたものは胃腸で消化されます。分解され、栄養となるわけですね。
 しかし、栄養は、全身に行き渡らせなければなりません。その栄養分を血液として全身に循環させる必要があるんですね。そのために運動があります。
 ・・・しかしながら、それでもまだ足りません。
 今度は、全身の細胞にその栄養分を充分に吸収・浸透させなければならないんですね。これが睡眠の役割です。
 厳密に言えば、新しい細胞に新しい栄養を与えてあげるわけです。これが皆さんの明日の体になるわけです。

 細胞は日々新しく生まれ変わってます。死ぬまでこの生まれ変わりは続きます。

 皆さんの体も、私の体も、望もうが望むまいが、私たちの知らない所で、確かに生きているわけです。体は頑張ってるわけですね。そんな体の頑張りを、少しでも応援してあげて下さい。

 それでは、本日も健康体操、元気良く始めましょう!
 

 関連記事→「BLUE BLOOD/X
 

肉食動物の掟

おれ的問題意識
06 /03 2017
 私は、どうしても肉食を良しとする論理が見出せない。
 エスキモーやイヌイットのような超極寒の風土・自然環境の中で暮らす人々ならわかる。体温を維持しなければ自分が死ぬ。そのために肉を食べる。それも確か、100%肉食だ。
 と言っても、彼らの食べ方は日本やアメリカのそれとは大きく違う。全部食べるのだ。捨てる部位などない。彼らにとってたとえ骨一本とて不要な部分なんてないんだ。美味い部位だけ抜き取って香辛料・味付けして、残りは捨てて食べるなんて信じられん。

 肉を食べたければ、アフリカに行ってライオンと戦って勝ったらその肉を食って良し。それも素手、徒手空拳でだ。
 負ければ、当然自分が食われる。
 だが、それが自然界の掟だろ。自分が肉食動物として生まれた運命だろ。

 私は動物を養殖して食べる、という食文化がどうしても賛成できない。
 彼らは自然界における生存競争の中で、あるいは自然の営みの中で死んでいくんじゃない。
 単に、人間のエゴによってその生命を、生んでは断たれるんだ。神に背く行為としか思えない。こんな野蛮極まる行為はない。

 だが、告白しよう。
 私も、たまに実家に帰った時、帰りに母がお弁当を持たせてくれる。そのお弁当の中に、お肉が入っているんだ。
 さすがに命の綱の食べ物を捨てるわけにはいかない。だから、信条に反し、複雑な思いで、しかしありがたく、食べさせて頂いている・・・。

 それ以外では、私の毎日食べさせて頂いているものは、鯖缶、納豆、塩ご飯だ。
 毎日毎日、飽きもせず、鯖缶、納豆、塩ご飯だ。私にすれば、飽きるどころか、この世にこんな美味いものはない。こんな美味いもの食べちゃっておれいいのかな、という思いで毎日食べさせて頂いている。


 私の言うことは極端かい?

 確かに私はエゴイストだ。この記事、いやこのブログ自体がもはやエゴイストの塊だ。だが、反論・異論があれば是非聞かせてほしい。きみがそれを言う権利はこのエゴイストが命を賭けても守る。


 関連記事→「悪魔の飽食」(この記事の中の言葉、今も変わってないよ)
 
 

官能の記憶...

姦なる思い(俳句・短歌・川柳等)
05 /28 2017

 美人は三日で慣れる されど 深く味わった官能 今も忘れず


 私らしくないかな。それに、どこが俳句だ、川柳だ(笑)
 私は、女性に癒しも料理も恋愛も求めていない。
 求めるものは唯一つ、官能感覚だ。ドーパミンだか、アドレナリンだか、エンドルフィンだか、そんなものが脳内から出まくりの官能感覚だ。

 官能とは、まるで麻薬だ。


 映像と本記事と、あんまり関係ありません(笑)