FC2ブログ

孤独再び

Entertainment
06 /08 2018
 ふと、おれは、彼に、人を憎む弱さを見た。彼のおどけ笑いの後ろに、それは確かにあった。
 それはおれにもかつてあった感情だ。だが、大人になるにつれ、怒りも憎しみも押し殺し、その代わりにいやらしい笑顔を覚えた。まるでピエロのように。
 だが、ふと蘇るんだ。ナイフを握りしめた18の日々が・・・。

 あの頃、私は孤独だった。私にとって、孤独はプライドだった。今、私は孤独とは言えない。自分を捨て世間に媚びるわけじゃない。おれはおれでありたい、そう思いそれを実行する時、私は再び孤独にならなければならない。

 
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

非公開コメント