FC2ブログ

無色の風景

Photograph
04 /09 2018
 東京郊外のとある公園にて、初めて撮影なるものをしてみました。


 「建物と空」
 
 

 「ベンチ」
 ベンチの荷物類。私のです。汚くてゴメン・・・。
 
 

 「公共トイレ」
 トイレをわざわざ写真に撮るセンスって何なんだろうな・・・(汗)
 

 「花たち」
 花って私は詳しくないんだけど、「ああきれいなものだな~」とは感じるんだよね。色取取で春らしいよね。
 
 
 
 

 「高架線(JR中央線)」
 かつて私は10数年に渡り、このJR中央線で都内まで通勤してた。パニック障害を発症してからは通勤ラッシュにどうしても乗れなく、対応方法として比較的空いている始発で毎朝出勤してた。帰りはほとんど終電近く、そのため睡眠時間が削られた。それでも始発で出勤してた。それしか方法がなかったのだ。我ながらよくやってたなって思うよ。
 
 
 

 「空」
 今回撮ったので一番気に入ってるのがこれらの写真。
 この大空だけは太古の昔から変わらないのだなって思うと、ロマンを感じるよ。縄文時代の人々も、信長も、幕末の志士たちも、太宰治も三島由紀夫も、この大空を見上げていたんだろうな~。
 
 
 
 

 「私(自分撮り)」
 今回撮った中で一番がっくりしたのがこの自撮り写真。
 私の被写体としての(つまりモデルとしての)素質・資質、ゼロですね。カッコつければつける程、お間抜けな写真が撮れてしまう。
 やっぱり自然体がいいや、と思いつつ、それじゃあ自然体ってどんな体?とわからなくなる。
 あ、それから、髪の毛切った。思い切ってバッサリとね。今は坊主に近いよ。
 
 


 何だか寂しい感じの記事になっちゃったかな。ごめん・・・。
 ただ確かに無職の身は、自業自得とは言え、それなりに辛い。みんなが日中一生懸命働いている時に、自分だけ部屋に閉じこもってるんだ。世間に対して恥ずかしくて顔向けできない・・・。

 でもね、私の気持ちはちゃんと前に向いているよ。次も介護職だけど、その中でもやりたいことがあるんだ。是非、実現したいと思ってる。
 そのための応募書類や面接対策は全て出来ている。あとは前の職場との関係を清算し、なるべくなら円満に友好的に去りたい。
 それが済んだら、いよいよGO!だ。

 まあ、自分なりにベストを尽くすよ。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

非公開コメント