FC2ブログ

パールハーバー

日本
07 /28 2017
 事の善悪はともかくだ。
 私は、太平洋戦争、つまり、対米英戦争に、それまでの日本、それこそ、日本有史以来の日本だ。
 その総決算を見るような気がするんだ。

 軍事史や政治だけじゃない。日本の文化、伝統、精神・・・。教科書に載ってない農家の人々の暮らし。身分制度あれど、一人一人の生活や人生、思い。

 だけど、彼らは、日本を意識していたのだろうか?

 農業に懸命に従事する人々に、日本という意識があったのだろうか?時の為政者の名前を知っていただろうか?
 明治維新前の日本人の多くは、おそらく、自分たちの暮らすこの土地が、”日本”である、ということすら知らなかったに違いない。武士階級なんてごく一部だ。
 ただ懸命にこの厳しい自然環境と向き合い、田畑を耕していたんだと思う。生きるために。


 昭和16年12月8日。
 日本は、中国戦線とは全く別個の戦いとして、対米英戦争を敢行した。即ち、真珠湾攻撃だ。
 結果、日本は負けた。

 日本は負け、GHQはそれまでの日本は全部間違っていて、食事やら文化やら含め、第二のアメリカに仕立てあげようとした。
 その反日思想・反日吹き込みに激しく抵抗したのが、三島由紀夫だった。
 だが、三島の抵抗空しく、日本はアメリカに文化もファッションも歴史も思想も言葉も飲み込まれていった。

 何でもかんでも、アメリカ風、アメリカ流が正しい。カッコいい。お洒落。時代の最先端。モテる。
 以前の日本は全部間違っていた。
 あの戦いを鼻で笑い、ばかにし、広島・長崎は必要悪だと開き直り、日本魂や天皇を口にすることはダサいとされ、いつの間にか暗黙の内にタブーとなった・・・。

 告白すれば、恥ずかしながら、私もその一人だった。


 あの戦争の歴史的意義や意味や背景、善悪。それについてはよくわからない。
 私にしても、今だからこそ言えることかもしれない。
 日本は決して間違ってなかった。日本は、清く正しく、そして美しかった。あの強大な物資・軍事力を誇る米英に、どのような理由・訳・大義名分であれ、戦いを挑んだ。

 為政者はともかく、一人一人の兵隊たちは、決死の思いだった。心から、日本を思っていた。天皇を思っていた。母親を思っていた。

 僕らは、彼らのそんな思いに今、どんな風に応えればいいのだろうか・・・。


 
 
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメント

非公開コメント