FC2ブログ

エゴイストの初夜



 「来いよ」

 男が女の手を引き、抱き寄せる。
 そのまま唇を奪い、女の胸をまさぐる。乳房を強く揉みしだく・・・。

 


 「舐めてくれ」

 男がズボンを下ろし、ボクサーパンツから既に硬く勃起したPenisを出す。
 女は従う。濃厚なフェラチオ。男の好みを女は熟知していた。


 「だんだんエロくなっていくな」

 女が男を見上げる。その目が潤んでいた。
 男は満足そうに女の頭を撫ぜる。かわいい女だ。おれ好みのな・・・。

 




 男は女を四つん這いにした・・・。


 「声を我慢しろ」

 女が頷く。男はゆっくりと挿入した・・・。

 男の腰の動きは始終スローだ。
 鋼鉄のように硬く屹立した男のPenis。
 そのPenisの全身を引き抜くと、しばらく間を置いて、またPenisの全身を奥まで差し込む。
 落ち着き払った男の動き。
 まるで時間をかけて獲物をいたぶるかのようなSex・・・。


 「苦しいか」

 女が哀願の目で、男を見上げる。
 その表情に動揺することもなく、男は快楽の動作を続ける。

 あっ...

 少しでも女が声を出すと、その尻に容赦なくスパンキングした。
 その痛みに女が鳴く・・・。


 「声を出すなと言ったはずだ」
 
 苦しみよがる女を冷徹な目で見下ろしながら、自身の快楽に対して、男は超然としていた。
 まるで冷たく人間性を持ち合わせないロボットのように・・・。

 



 逝きそう...

 「だめだ」


 もうだめ...

 「許さんぞ」


 女が果てる...

 「仕置きだ・・・」

 



 その後・・・。




 夜明けまで 女乱れし 逝き地獄 
 鉄の男根 貫かれ 犯され続ける 初夜の洗礼...


 

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

非公開コメント