FC2ブログ

Open The Door

category - Entertainment 0 0

  • 2019/03/31 20:00


  •  


     私は何か不自然なやり方をしてはいないだろうか?
     重くてなかなか開かないドアに、体当たりでぶつかってみたり、ドアノブをやたらがちゃがちゃ回したり、蹴っ飛ばしたりしてはいまいか。
     自分ひとりだけだったら何をやってもいい。多少の無理も無駄も無茶も構わない。私一人であればだ。

     だが、仕事ってのは必ず、相手がいる。

     そしてその相手は、私をよく見てる。
     私のやり方、私の精神性、身なり振る舞い、表情、態度、言葉、話し方、その全てを事細かくじっくりと見てる。この男、どこか匂う所はないかと、その嗅覚を鋭利に研ぎまし、じっくりと私を見てる。
     もしそこに少しでも不自然さがあれば、即NGだ。


     落ち着け。肩の力を抜く。不安や焦りは仕方ないが、それを顔に出すな。


     そのドアを開く一番真っ当なやり方は、今掛かっている錠を鍵で開けることだ。
     間違っても体当たりで開けようとしちゃだめだ。
     それはあまりに強引で力づくでひとりよがりだ。

     相手から見て明らかに変だ。
     妥当でも合理的でも効率的でもない。
     相手の鋭い直感が必ず感じるはずだ。その不自然さを。

     その業界、その業務に精通しているわけではないが、この場合、こうしこうあるのがごく自然なのではないか、ごく自然の流れなのではないか。ごく自然なあるべき姿なのではないか。


     その感覚だ。


    スポンサーサイト
    [PR]

    [PR]

    Sexを楽しむ人々

    category - 3D・アニメ・その他 2 0

  • 2019/03/31 05:26
  • テーマ:エロ画像・動画 - ジャンル:アダルト



     今回、例によって、特にテーマはなく、最近見た中でいいなと思ったものを紹介してます。

     

    続きを読む

    若き旅人

    category - Entertainment 0 0

  • 2019/03/30 08:11


  •  


     深く孤独を感じる時、勇気づけてくれるのは、子供の頃よく見た漫画だ。

     泥臭く、汗をかき、何の損得勘定もなく、時に周囲に反抗し、自分の信じる道をただひたすら突き進む。
     そこに一片の汚れもない。自分の心にこそ正直。一体、他に何がある?
     そんな主人公の姿。

     今時のクールなカッコ良さなんてかけらもない。
     むしろ、カッコ悪い。
     だが、そのカッコ悪さが当時子供の私に、いかにカッコ良く見えたか。

     『釣りキチ三平』もそう。

     私は恵まれてる。子供時代にいいアニメ・漫画にたくさん出会った。その魂というか、泥臭さは今も私の中に大きくあって、時に喝をくれ、時に勇気づけてくれる。
     レンタルDVDを借りて見直す必要はない。全て覚えているからだ。



     あとは、美女かな(笑)

     

    彩の寝室

    category - 官能の女 0 0

  • 2019/03/23 13:59
  • テーマ:エログ - ジャンル:アダルト



     ここでもちょっと紹介してますが、その肉迫するエロスを見るにつけ、やはり一つの記事として取り上げたくなりました。
     既に閉鎖されたサイトなので、管理者様の意志に反するかな、とも思いつつ、しかし、いいものはやはりいい。
     私としても是非、見てみて頂きたいのだ。
     
     しかし、閉鎖・更新されてないとは言え、全てのコンテンツの著作権は管理者様にございます。
     ご関係者様、お気づきになられましたら、恐れ入りますが、コメント欄にてお知らせ下さい。
     すぐに対応させて頂きます。

     それを踏まえた上、「続きを読む」から、「淫らなあやのベッドルーム」様より、現在も辛うじて見れるページを直リンクさせて頂いております。
     残念ながら、所々抜け落ち、全部は見れません・・・。
     だがそれでも、彼女の官能感・女の悦び・女の幸せ、そんなものが充分に伝わってくるはずだ。

     

    続きを読む

    私の快楽主義

    category - 頂きものと「私の快楽主義」 2 0

  • 2019/03/22 00:31
  • テーマ:エログ - ジャンル:アダルト



     恋愛のし過ぎなんだよ。
     いわゆるデートだとか、一緒にレジャーを楽しむことに夢中になって、仲良しになってしまう。
     それじゃ友達だ。友達の延長線上のセックスになってしまう。
     下手すりゃ兄妹みたいな関係になってしまう。
     要は、相手の前でおならとかしてもまるで平気な関係になってしまう(笑)

     私は、若い人たちには、いっぱい青春を楽しみ謳歌してほしいと思っているが(と言うのは私自身がそんな青春なかったからね)、あんまりそれが多いと、男と女の関係でなくなってしまう。
     男と女の間にある緊張感が薄れてしまうのだ。

     そのために、適度な距離感が必要だ。あえて、距離を置くんだ。

     男がセックス抜きに女に寄り添う時というのは、その女性が悩んだり苦しんだり不安感(鬱感)を感じてる時だ。
     女性は、気持ち・心の浮き沈みが大きいものだ。
     特に沈んだ時はどん底までだ。

     だから、男はそんな時、寄り添い黙って話を聞いてやれ。そして泣き崩れるようであれば、男らしく力強く抱きしめてやれ。
     間違っても、一緒になってメソメソしたり、お説教とか下手に勇気づけたりするんじゃないぞ。アドバイスも要らん。武勇伝なんて論外だぞ(笑)
     黙って、しっかりと聞くだけでいいんだからな。

     

    続きを読む

    Mの悲劇(第二章)

    category - 写された女 0 0

  • 2019/03/18 19:45
  • テーマ:エログ - ジャンル:アダルト



     別に私は、きみを苦しめるつもりはないんだ。
     ただ、きみの女があまりに美しく、艶めき、誘うから、私の中の男がきみを欲してやまないのだ。
     こんな私を、許してくれるか・・・。

     


    続きを読む

    Mの悲劇

    category - 写された女 2 0

  • 2019/03/16 17:41
  • テーマ:エログ - ジャンル:アダルト



     私は、女心を書くことができない。女の言葉(セリフ)も書けない。
     何故なら、私は、男だからだ。
     いろいろと小理屈並べ、妄想も想像もするが、それはあくまで机上でだ。
     寝室、ベッドでの実体験ではない。
     いわば理想の真実論だ。

     だが、今回はそれを試みてみた。

     私がいつも思うのは、見て下さる方々には、是非とも、自由な感性、自由な感覚で見て、読んでほしいということだ。

     だから、真実の程は、見て下さる皆さんの自由に委ねる・・・。

     

    続きを読む

    おもてなし庵

    category - エロティシズム 2 0

  • 2019/03/15 22:02
  • テーマ:エロ画像・動画 - ジャンル:アダルト



     夢だ。これは夢だ(笑)
     俗世間を離れ、ゆっくりと流れる時間と空間の中、癒しのエロティシズムを味わう・・・。
     時にはこんなゆったりとしたマイルド系なエロスもいいんじゃないか。

     

    続きを読む

    【ローズとジャック】

    category - 頂きものと「私の快楽主義」 7 0

  • 2019/03/14 19:16
  • 久しぶりだね 君と飲むのは
    相変わらず きれいだね
    髪を短く切ったんだね

    ここは 表通りから 一本入ったところ
    素敵な 僕の隠れ家
    あご髭のバーテンは 僕の友達さ
    無口なやつだけど
    とてもいいやつさ

    君が頼んだバーボン
    それは“フォア ローゼス”の水割りシングル
    僕が頼んだバーボン
    それは“ジャック ダニエル”のロック
    ……
    ジャックとローズ
    偶然の符合
    まるであの頃観た映画みたいだね
    君はまだ十代だった

    ふたつのバーボンを
    カクテルにして 飲み干せば
    どんな味がするのだろうか

    今夜は君ともう一度 “愛”について語りたくなった
    朝が来るまで


    By Shyrock

    My Heart Will Go On

    category - Entertainment 4 0

  • 2019/03/13 19:27


  •  


     疲れた。疲れてる。精神的にだ。それが体にも影響を及ぼしている。

     緊張、不安、いろいろある。
     先を読み、相手の出方を予想し、常に先手を打ち、状況に対応していく。
     私に先見の明などない。
     こうすればああなる。ああすればこうなる。しかし、今、全く予想がつかない。本当に大丈夫だろうか。
     これからどうなるのか。傷つきもし、落ち込むこともある。

     だがともかくも、一日一日少しでも前へ進むこと。今出来るのはそれだけだ。


     こうして愚痴や弱音を吐く。普段偉そうなことを書いているが、所詮、私はそのレベルの男だ。


     タイタニックの悲劇は知っている。
     ジェームズ・キャメロンの映画『タイタニック』も観た。
     悲しく切なくもあるが、いい映画だった。