FC2ブログ

四度目の正直

仕事(介護職)
05 /15 2017
 解雇、ではなかった。私は、配置転換となった。介護形態が全く異なる部署。

 会社には感謝している。
 こんな私に、解雇ではなく、移動という特別な取り計らいをして下さったのだ。
 今辞めるわけにはいかない。それだけに、本当に感謝している。

 同じ会社で続投だが、部署が変われば人も変わり、仕事の方法も当然、変わる。
 また一からやり直しだ。だけど、おかげさまで、体力、気力、共に自信あるよ。私は大丈夫だ。
 四度目の正直となるべく、行くぜ。

 だが、この緊張感だけは何度現場が変わっても慣れない。
 おちんちんがすっかり縮こまってる。それこそ、包茎ペニスがさらに皮をかぶってしまっている・・・(笑)。
 男根主義も形無しだ(笑)

 もし、気に掛けて下さってる方がいらしたら、本当にありがとう。
 きみのその気持ちや思いが通じたんだ。
 この記事では、ご報告と共に、それだけが言いたかった。

 そんなきみの思いに応えられるよう、僕なりに精一杯頑張ってみるよ。本当にありがとう。
 
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

初心とプライド

仕事(介護職)
05 /15 2017
 自暴自棄になるな。癇癪を起こすな。ブチ切れて世間に迷惑をかけるな。
 気持ちはわかるが、ここを抑えろ。
 暴飲暴食。性風俗、キャバクラ。こんな時に女に依っても、モテるわけがない。癒しを求めるなら、寝ろ。結局、男にとって睡眠が一番の癒しなんだ。

 それが大人のやり方ってものさ。
 そして、一晩寝たら、初心に帰るんだ。
 新たな気持ち、新たな自分は、意外にも過去の自分にある。過去の自分に発見できる。

 -----
 ちょっと追記だけど、女性は、自分に依りかかってくる男、癒しや慰めを求めてくる男、男の女々しさ。そんなものを死ぬ程嫌うから気をつけて。それこそ、ゴキ○リ以下の存在になってしまう。女性はそれ程、自分に依存してくる男を嫌うものなんだ。
 自分の中の女々しさってやつを捨てるだけでも、ちょっとはモテるようになるはずさ。まあ、もしモテたければ話だけどね。
 -----


 「弱気になりがちなご入居者さんたちを、自分の力で勇気づけることができる。元気づけることができる」

 これが、私のこの仕事におけるやりたいことの全てだ。初心でもあり、またプライドだ。
 そんな大それたことじゃないんだ。
 「今日もあの風変わりな職員に会える」。そう思って下されば幸いだ。

 弱気な心は何を求めるか?
 力強さだ。力強い生命力だ。一緒になって泣いてる場合じゃない。
 そんな時、人は、相手に仕事能力でも理屈でも技術でもアドバイスでもない。心、感覚は理屈なんて求めやしない。人の心が求めるのは、やはり人の心だ。それも力強い心だ。男らしくがっちりと自分の心を掴んで離さない、そんな力強さだ。

 傲慢だろうか。慢心だろうか。自意識過剰だろうか。自己中だろうか。”おれがおれが”だろうか。
 「今日もあいつに会える、それが毎日の楽しみ」
 そう思って下さるのであれば、私はこの仕事でこんな嬉しいことはない。


 こんなことがあった。

 居室で、泣いているご入居者さんがいた。言葉をほとんど発せられないご入居者さんだ。
 必死な眼差しで、必死に私に何かを訴えている。何とか聞き取ろうと顔を寄せると、抱きついてきた。
 「大丈夫です。何も心配ない。なんにも心配ない」
 耳元でそう囁きながら、私も強く抱きしめた。そんな状況において、それしか対応が見つからなかった。
 こんなとこ、先輩職員に見つかれば、即刻クビだ。

 仕事が不出来なのは認めよう。物覚え悪く、仕事も遅い。だが、本当に大切なのは何だ?

 どんな仕事であれ、私は、やるからには本気で取り組む。
 このブログにしたって、私は本気だ。遊び半分でやってるつもりはない。時間は有限だ。そんな悠長な時間は、私にはない。
 本気で取り組んでこの程度か? という話はさておきだ(笑) (勝ち負けはともかくってことさ)

 女についてだってそうだぜ。結果の程は知らんが、やるからには本気でやるぜ。

 プライドってやつさ。