FC2ブログ

嫌われモード

仕事(介護職)
04 /28 2017
 おれはそんなやり方だから、どこの施設へ行っても、ご入居者さんたちには好かれてるよ。

 「おはようございます。本日もよろしくお願いします!」

 って挨拶して回ると、パッと明るい顔になってくれ、握手を求められたり、おれの体に触ってきたり。
 ほぼ寝たきりの方もいるが、力を振り絞っておれに抱きついてくるよ。
 「あのお兄さん、私の初恋の人」って言われたこともある。認知の無い方々については、「あのお兄さんはほんとによくやってくれるよ」なんて嬉しいことをおっしゃって下さる。

 こんなおれをこんなにも頼りにして下さる皆さんのためにも・・・、って思うよ。


 だけど、職員さんたちに良く思われてない。
 特に女性職員には。
 さっそく聞いたぜ、おれの陰口。女同士集まって。

 人間関係にはよくよく注意してきたつもりだが、とうとう始まってしまったか。嫌われモード。
 おれが、ああこの人はご入居者さんのことを本気で考えてらっしゃる素晴らしい介護士さんだなって思うのは、決まって男性従業員だ。何故か、そいういう風に尊敬できる女性従業員っていない。おれがそういう目で見ちゃってるからかな・・・。

 卑怯なんだよ。やり方が。
 おれのことが嫌いなら嫌いで全然構わないが、とにかくやり方が卑怯だ。
 陰口はもちろん、徒党を組んで無視とか、協力拒否とか。

 で、そういう女たちってのは、言っちゃ悪いが、揃いも揃って全員不美人だ。人の悪口、憂さ晴らしが大好物で、心にも姿にも清潔感のかけらもない。
 服のセンスも、スタイルをよくしようとか、美しくあろうとか、疲れているのはよくわかるんだけど、そういう女性らしさが、全然ない。
 これ、売り言葉に買い言葉的に聞こえちゃうかな。申し訳ない。



 とは言え、やっぱりおれは女性が好きだ。その清潔感や女心、優しさ・・・。女性は素晴らしい。男が全身全霊をもって愛する価値があるからだ。
 だけど、このままだと嫌いになっちゃうよ。女性不信ってやつだ。
 アダルトブログやってるのにこれじゃまずいな。

 まあ、それは冗談としても、これじゃ、まずい、よな・・・。
 
 
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

バケツと介護

仕事(介護職)
04 /28 2017
 「それはいいから、早くバケツ洗って来て!」

 お兄さん、お兄さん・・・、と切実な目で私に訴えかけているご入居者。
 「Aさん、どうされました?」
 私はバケツを両手に傾聴しようと近寄る・・・。しかし・・・。

 前の職場だったら、私は何の躊躇もせず、先輩職員の指示よりもそんなご入居者さんの気持ちを優先した。
 人は人を求める。心が心を求めるんだ。そして、弱き心は、力強さを求める。それが男の優しさってやつさ。
 だがその信念、プライドを貫いた結果、私は半年でクビとなった。

 言うことを聞かない厄介な奴・・・。自己中で自分勝手な奴・・・。

 「ろくすっぽ仕事も出来ないくせに余計なことばっかりしやがって」
 「自信過剰なんじゃないのか!?」
 「みんなで決めたルールを守れないのか!?」


 今の職場では、そんな反省点から、先輩職員の指示を優先している。

 だが、本当にそれでいいんだろうか?
 バケツなんて後で洗えばいいんじゃないの?
 それより、ご入居者さんの訴えに耳を傾けることの方がよっぽどこの仕事の本質のような気がするんだが・・・。

 私の言うことはそんなに夢・理想かい?


 嫌われることには慣れてる。周囲の冷たい視線も別にどうってことない。だが、人道にもとる時は、おれは迷わず、人道を取るぜ。
 どうも私はこの世間と相容れない。調和してるように演じることは出来るが、所詮大根役者だ。見破る人はすぐ見破る。
 今の職場もそう長くはない。何、男は転がり続けて何ぼだ。それについては別に気にしてない。

 だが、この世間との確執。生きにくさ・・・。おそらく、一生涯、つづくんだろうな・・・。
 
 それを思うと、何となく、憂鬱だ・・・。
 
 

何故、生きる?

おれ的問題意識
04 /23 2017
 おれは何故、生きているんだ?

 そりゃ、死ぬとなったらそれなりにじたばたするに違いない。

 しかし、「何故、生きるのか」、という命題は難しい。
 私は43歳だ。
 今さら夢を追う年齢でもない。人生を希望に託す年齢でもない。

 老いてなお、人は生きるのか

 いや、老いてるなんて実感はないよ、全然。性欲もあれば、食欲もある。60歳くらいまでは今のまま、今のこの体のまま現役で行ける自信もあるよ。寿命の程は、知らんがね・・・。


 あの頃のような熱さがないんだ・・・。
 やりたいことは、いろいろとまあそこそこある。
 女性ともセックスしたいと思ってる。だけど、あの頃のような執着心がない。女性(セックス)の優先順位はかなり下がる。強がりでなく。それこそ、このまま一人のまま人生終えてもいいかな、と思ってる。それがおれの運命だったんだ、と思ってる。

 別に諦めてる(諦念って言うのかな)わけじゃないんだ。

 死ぬ、というタイミングになれば、やっぱりそれなりにじたばたおたおたすると思うんだ。

 では、何故、生きる?何故、おれは生きている?死のうと思わない?

 わからん・・・。プライド、としか言いようがない・・・。
 
 

喘ぎ(イメージビデオ)

官能の美学
04 /18 2017
 いきなり興醒めさせること言って申し訳ない。
 女性の喘ぎ声っていうのは、まあ基本、ワッショイワッショイだ。
 要は、自分で気分を盛り上げてるんだ。その声が派手であればある程、男性は逆に自分のやり方を見直した方がいい。全然セックスもしてない僕が、余計なお世話だけどさ。

 AVの中での喘ぎや悶えや声は、ほぼ演技だと思っていい。
 風俗の女性もそう。
 艶技さ。正にそういう技術さ。

 本当の自分の淫らな姿や嬌声っていうのは、本当に信頼できる男性にしかみせないものだと思うよ。
 

続きを読む

責め上手(かすみりさ)

官能の美学
04 /18 2017
 男は女性に何を求める?
 家事?仕事能力?人間性?癒し?学歴や職歴?(笑)
 違うな。セックスだけだと思う。つまり、エロスさ。それで充分、女性は価値だと思うんだよね。

 男を勃起させる。それだけで充分だし、逆にそれ以上、あるいはそれ以外に何がある?

 愛するのが男の仕事だとしたら、女の仕事は男を勃起させることだ。
 
 
 170413kasumirisa01.jpg 170413kasumirisa02.jpg 170413kasumirisa03.jpg 170413kasumirisa04.jpg
 170413kasumirisa05.jpg 170413kasumirisa06.jpg 170413kasumirisa07.jpg
 
 

続きを読む

東洋のプライド

奴の生き様
04 /14 2017
 東洋の肉体を世界に知らしめた男。

 恐らく、水も飲んでない。
 肉食を断ち、女も断ち、動物として最も枯渇する水も断っている・・・。
 じゃないと、これ程までの体にはならない。

 体だけじゃない。スピードだ。このきれとスピード。スクリーンの裏には、想像を絶する鍛錬の上の鍛錬があったはずだ。


 執念だ。
 ブルース・リーは言葉を残さなかったが、その肉体が僕らに語る。
 その肉体に裏打ちされた奴の生き様が僕らに語りつづける。


 「Don't think! Feel!(考えるな!感じろ!)」
 
 
 
 
 

女の顔(戸田れい)

姦なる思い(俳句・短歌・川柳等)
04 /13 2017
 女心って、顔に表れるよね。表情とはよく言ったものさ。


 170410face01.jpg 170410face02.jpg 170410face03.jpg 170410face04a.jpg
 170410face05.jpg 170410face06.jpg 170410face07.jpg
 
 

続きを読む

約一ヶ月経過

仕事(介護職)
04 /10 2017
 「もう一ヶ月も経つのにこんなに仕事が遅い人って初めて」

 これが約一ヶ月の結果だ。
 世間の評価をそれ程気にしているわけではないが、やはりクビは困る。

 人間関係にはこれまでにない程、気を使っている。慎重の上に慎重に、行っている。
 言葉、態度、表情・・・。
 すぐカッとなりやすいこの性格が、これまで何度もいろんな人間関係をだめにし、その場所に居られなくしてきた。

 何事も人事も、すべては自分に起因してるんだよね。


 試用期間、三ヶ月。つまり、あと二ヶ月。私は、何とかこの世間に認められなくてはならない。

 あるご入居者さんが私の手を握って言った。
 「熱い!若いんだね~(笑)」
 「ありがとうございます。Tさんの手、とってもきれいですよ」

 ・・・。

 私は熱い男だ。世間がうざがる程の熱い男だ。熱血介護従事者ってやつだ(笑)
 
 

その視線の意味

男と女
04 /05 2017
 男は、いい女をガン見する。
 女は、いい男に対してガン見などしない。興味があるにも関わらず、チラとも見ようとしない。
 女は、いい男に対して、”男”の匂いをかいでくるんだ。そんなイメージだ。

 もし、きみが女性に見られた、あるいは見られているとしたら、それは、申し訳ないが、変な奴と思われている、と思っていい。
 変なファッション、立ち居振る舞い、仕事ぶり・・・。
 ひとりよがりになってやしないかい?

 根拠は、私がそんな女性の視線を、モテてると勘違いしていた大間抜けな男だったからだ。


 まあとにかく、お互い自分の”男”を磨いていこうぜ。
 
 

恋人セックス(宇都宮しをん)

官能の美学
04 /05 2017
 少しずつ、性欲復活してきた。


 犯される女性は美しい・・・。

 だけども、ただずこばこやってる映像っていうのはどうも私の嗜好に合わない。
 私が見たいのは、女性の美しさなんだよね。
 激しく髪を振り乱し、表情も歪み、歓喜の嬌声を上げ・・・、それでもその乱れ悶える姿、表情が美しい女性っているものだ。

 これは、男の側の、犯し方の問題かもしれない。

 何故なら、究極のエロスとは、求める女心だからだ。

 
 170405utsunomiyashion01.jpg 170405utsunomiyashion02.jpg 170405utsunomiyashion03.jpg 170405utsunomiyashion07.jpg
 170405utsunomiyashion04.jpg 170405utsunomiyashion05.jpg 170405utsunomiyashion06.jpg
 
 

続きを読む