FC2ブログ

カップルたち

官能の美学
10 /28 2016
 以前、デパートで制服姿の高校生カップルが手をつないで、一緒に同じトイレに入っていった・・・。
 その後、彼らは何をしたのかな(笑)

 
 本気セックスをするには、ある程度緊張感が必要だと思う。
 ”親しき仲”を否定するわけじゃないんだけどね。
 ただ、あんまり親しくなっちゃうと関係が馴れ合いになってしまう・・・。
 要は友達、下手すりゃ兄弟みたいになってしまう。
 そうなるとその関係、そのセックスに緊張感が失われ、馴れ合いセックスになってしまう・・・。

 
 否定してないよ。否定してない。

 ラブラブセックスもいいもんだと思うよ。

 
 そんなラブラブカップルたちの映像を集めてみました。良ければ、見てみて下さいね。
 
 

続きを読む

スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

DOUBT/hide

音楽・映画・本
10 /26 2016
 いいね~、この狂い方。かっこいいぜ。

 hide、もっとやっちまえよ。それが出来るのはあんたしかいない。

 ぶち壊せ、もっともっと。

 
 
 

快楽のセックス論

男と女
10 /22 2016
 セックスとは、男と女、二人でするものだ。
 セックスは、男と女、お互いのお互いに対する存在感。それが必要不可欠だ。
 そのセックスを良くするためには、お互いのお互いに対する存在感をより深く大きいものとするんだ。

 要は、女さえ美人であればいいってもんじゃない。小手先のテクニック等も私に言わせれば必要ない。
 もうずっと過去の話になるが、私が我を忘れて野獣と化し快楽を貪ったセックス、その相手の女性はそんなに美人じゃなかったぞ。
 ただ、私にとって、彼女の存在感が大きかったのだ。あるいは彼女の女心と言えようか。

 
 セックス、それもすごくいいセックス、自分の理想のセックス。
 そんなものを実現したいなら、まず自分が男としての、あるいは女としての存在感をつくるんだ。
 女は男を意識するから自分の女を磨く。それは男も同じ。

 ただ、男の宿命として、男は、女性の存在感(女心)を圧倒する強さが必要だ。力が必要だ。
 相手が美人だろうが、どんなにスタイル良かろうが、そんなものを含めて圧倒する強さだ。

 そんな男の存在感で女心(存在感)を圧倒する時、男は獣としての快楽を知る。
 女は、そんな男の強い存在感で自分の弱き女心を征服される時、女としての最高の喜び・幸せを知り、感じる。

 それがセックスだ。

 
 
 

竜二

音楽・映画・本
10 /22 2016
 というわけで、今度は映画だ。

 『竜二』
 私は日本の青春映画の中でこの映画が一番気に入っている。
 人間が描かれているからだ。

 自分の愛する女と子供のために、やくざをやめ、平凡な家庭生活に自分の幸せを見出そうとした男。
 だが、それは長続きせず、彼は再び、やくざへと戻っていく・・・。
 彼は自分の性分を変えられなかった。あるいは抑え切れなかったんだ。耐えられなかったんだ。

 そんなあらすじだ。
 私はそんな彼に非常に共感を覚えた。
 そして、『竜二』は金子正次そのものだ。


 


 この映画、自分の愛する女との訣別のシーンは特に秀逸。
 さよならの言葉なく、心でもう会うことはないことを知る男と女。
 切ないが、男と女ってのは、違う生き方をするものなんだ・・・。

 「続きを読む」で載せたから、もし良ければ見てみて下さいね。


 
 

 

続きを読む

金子正次

奴の生き様
10 /22 2016
 「独り善がり」

 自分ひとりだけでよいと決め込んで、他人の考えを全く聞こうとしない・こと(さま)。どくぜん。

 と、辞書にある・・・。

 だが、そんな独り善がりも究極的で、そして圧倒的な力を持つ時、人はその男に引かれ、その男の持つ魔力のようなものに、いつの間にか飲み込まれていく・・・。
 そんな生き方を望むのであれば、中途半端じゃだめだ。
 徹底的・究極的、かつ、圧倒的な力が必要だ。

 そんな男は、休むとか余暇とかセックスを楽しむとか知らない・・・。


 そんな生き方をした男。
 例えば、尾崎豊。
 時代は違えど、信長。そして世界には、ナポレオンやヒトラー。

 彼らはただ自分だけを信じていた。あれもこれも否定し、神さえも拒否し、自分だけを信じていた。
 だが、彼ら自身知ってか知らぬか、最期は破滅だ。破滅が待っている。
 そしてその人生に幸せはない。勝利と成功、その高笑い・・・。

 だが何も計算してそう生きたのではないと思う。そういう生き方しか出来なかったんだと思うんだ。


 そしてこの男もまた・・・。


 
 

待ってろよ

ハードボイルド・エロス
10 /18 2016
 女とは奪うものだ。好きになるもんじゃない。

 その心を奪ったら、次は体だ。

 待ってろよ・・・。

 
 
 

止まらないHa~Ha/矢沢永吉

音楽・映画・本
10 /12 2016
 というわけで、今度は曲だ。
 「泣かせの効いたラブソングなんて今夜は捨てちまえ」
 矢沢永吉Rock’n’Roll。

 大友康平も氷室京介も、ロックミュージシャンはみんな矢沢永吉に憧れ、矢沢永吉を目指した。
 そして僕らもまた、矢沢永吉のようになりたく、いや、矢沢永吉になりたかった。

 「How to be Big」

 その答えがここにある。熱くなってくれ。
 

 
 

成りあがり

音楽・映画・本
10 /12 2016
 私も『成りあがり』を読んで熱くなった口だ。
 この本、すごく興味深いし、心が熱くなる言葉がいっぱい詰まっている。
 だが、今は、この本は私の書棚にはない・・・。


 印象に残っている文章がある。

 「永ちゃんはジーンズがカッコいいからいいよね」
 「違う。そうじゃない。カッコ良く着てるの。そういう努力をしてるの。そういう工夫をしてるの。おれがもともとジーンズが似合うってわけじゃないの」

 一流の男と凡庸な男の差だ。
 
 
 
 

女に身をゆだねる快楽

官能の美学
10 /09 2016
 床上手ないい女・・・。
 時には、そんな女に自分の身をゆだねるのも、男の快楽だ。
 そんな夜もあっていい・・・。
 

続きを読む

サイバージャパンダンサーズ

美しい女
10 /07 2016
 この女の子たち。いいね。
 若く健康的で、明るく、そして自由だ。
 こんな女の子たちが、日本を、日本の男たちを元気にしてくれるんだろうな。