FC2ブログ

イラマチオ

官能の美学
07 /28 2016
 

 興醒めさせるようで本当に申し訳ない。

 私はイラマチオとか、強制フェラチオにあまり興味がない。(以前はすごく好きだったんだが・・・)
 それよりも、ペニスを求めてやまない女に、あえて我慢させる・・・。焦らす・・・。乞わせる・・・。
 その方が余程エロスを感じるのだ。


 この映像は、イラマチオだ。
 女性の見事なイラマチオの光景が見られる。
 圧巻だ。見入った。感じ入った。

 健気に肉棒を咥える女はやっぱり可愛いものだ・・・。
 

続きを読む

スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

昭和の女(志麻いづみ)

官能の美学
07 /28 2016
 昭和の女、というタイトルは適切でないかもしれない。
 女心、そのエロス、その情欲・情念に昭和も平成もないからだ。

 男と女。その心。
 それは時代によって変わることはない。
 変わるのはファッションだけだ。

 この映像。日活ロマンポルノというもの。昭和の時に流行った。らしい。
 私は、日活ロマンポルノ以後の世代だ。ちょうど、アダルトビデオが流行り始めた頃の世代かな。
 だけど、何か好きだな。この雰囲気。どこか懐かしい感じがする。(まあ実際懐かしいんだけどさ)

 そして、このロマンポルノ女優。

 志麻いづみ。

 

 リアルタイムで知っていたわけではないが、昭和のいい女の雰囲気がすごく漂っている。
 この清潔感、雰囲気、すごく色っぽい。


 この映像の原作は、かのSMの巨匠、団鬼六氏だ。
 しかし、興醒めさせるようで申し訳ないが、私は、団鬼六先生の描くSM世界にあんまり共感できない。
 あまりエロスを感じないんだよね。。。
 やってることは確かにSM行為。
 だけど、私は、単なるSM行為ではなく、それを求める女の心、情念にこそエロスを感じるんだよね。

 例えば、以下の絵さ。


 kodumae05.jpg kodumae01.jpg kodumae02.jpg kodumae03.jpg kodumae04.jpg



 どうだろう?女の情念、心というものを深く感じないかい?
 ついでに以下の写真にも、"それ"を求める女心を感じる。

 pp18106-02.jpg


 ともかくこの映像。
 SMはともかく、志麻いづみの美しい体、その色気、その絡みには味わい深いエロスがある。
 好きな男に抱かれ吐息とともに発せられる、「好き・・・」の言葉が艶かしい。正に女心だと思う。

 良ければ、見てみて下さいね。
 

続きを読む

浮気の代償

男と女
07 /27 2016
 今日、人材紹介会社の方との面談に行ってきた。

 可愛い女性だった。
 スタイルもいいし、化粧も上手い。服のセンスもいい。その目と唇に、ちょっとだけ、セックスを感じた。
 歳の頃は、20代後半くらいだろうか。
 いい女になる素質を持った女性だ。
 鍛えれば、彼女はもっともっと美しく魅力的に、男心をそそってやまないいい女になる、と思った。


 ふと、カノジョってどんな存在だろうと思った。

 生活を共にするようなカノジョならば、私はNGだ。
 また、いつも一緒にいるような関係であれば、それも私はNGだ。
 かと言って、いわゆるセフレという関係も私はNG。


 私は、男と女はセックスするために存在していると思っている。男と女の存在意義って、セックスのみだと思っている。

 ただ、男と女は、男と女である前に、人対人でもある。
 女は話す生き物だ。そんな女の話を聞くのが男の役割だ。
 そんなコミュニケーションの場として、食事がある、と思っている。

 流行りのデートスポットに行ったり、旅行や映画やコンサート、カラオケ、ボーリング・・・。
 そういうレジャーの楽しみは、友達とするべきだ。
 別に男友達だって構わない。

 極端に言えば、その結果、浮気されたって私は構わない。
 私は、自分の女に浮気されてめそめそするような男ではない。
 お仕置きセックスが楽しめるじゃないか。

 それもかなりハードな、ね。

 
 

素敵なブログ紹介

男と女
07 /25 2016
 美しく、そして大人の女心に満ちた素敵なブログを紹介します。

 「花しずく ~京都M妻の愛され方
 

 じわじわと男心に迫る文章(女心)、そして、菜緒子さんの美しい体・・・。
 京都、とあるからでしょうか。
 エロい内容でも、全体に清潔感が漂ってます。

 夫の目の前で、他の男性に抱かれる・・・。
 そんな寝取られのセックスがテーマとなっており、女性視点(菜緒子さん)で書かれています。

 私、勃起しました。それも強く。

 なかなか無いブログの一つです。皆さんも是非。

何で自分から動こうとしねえんだよ!

おれ的問題意識
07 /25 2016
 荒っぽい環境には慣れているつもりだ。

 前の職場もそうだった。
 出勤初日、「それじゃあ頑張ってね」とそれ切り、介護業務のかの字も知らずにいきなり現場に放り込まれた。
 忙しい現場。誰も指示なんてくれない。そもそもリーダーとか上司が存在しない現場なのだ。

 だから自分から動く。
 皆が忙しく立ち働いている中で、ひとりポツンとしていること程しんどいことはない。
 まずは挨拶から始めた。
 それが終わると、周りを見て、とにかく見よう見真似で動いてみる。当然間違える。そして怒られる。その連続。
 結局最後まで、移動・移乗介助、食事介助、排泄介助、その他業務・・・、誰にもまともに教わらなかった。
 但し、入浴介助だけは先輩職員さんが付いてくれた。恐らく危険の多い作業だからだろう。

 怒られるのは構わないが、困ったのは、先輩職員さん一人一人で言うことややり方が違っているところだ。
 「そのやり方、だめだから」
 「私はこうやってるけど、他の人はどうやってるか知らない」
 「そんなやり方、誰に習った?」
 「誰々さんの言うことは聞かなくていいから」
 そして誰々さんは、「まったく何度言えばわかるの!?」

 まったく閉口だよ。閉口。これがOJT?ほんとかよ。
 「それは施設のやり方じゃなくて、あんたのやり方だろ?」と言いたかったよ・・・。
 まともに介護業務や介助技術を教わり習ったのは、やはり教室(スクール)でだった。
 それで、教室で習ったやり方をすると、「それはこの施設のやり方じゃないから」。
 ・・・。


 私は過去、約13年間、サラリーマンだった。
 新人の頃、上司からこんな指導を受けた。

 「問題があると思ったら、何で自分から動こうとしねえんだよ!
  ただのルーティンワークでやってける程、会社は甘くねえぞ。
  おれたち一人一人は商店の店長なんだよ。おまえは、商店”和巳”の店長でなきゃだめなんだ」

 提案書を目の前で破られて。
 「これじゃマニュアル通りだな。つまらねえ提案書だ。理屈じゃ客の心は動かねえんだよ。そうじゃなく、おまえの言葉で書いてみろ。じゃなきゃ、客の心に響かねえんだよ」

 名指導だ。

 自分から積極的に動く。常にゼロベースに立って物事を考え、実践する。そして、自分の言葉を持つ。

 私はそんな指導を受け、信じ、育っていった。

 いつしか、その上司がお客さんの前でこんなことを言った。
 「こいつは放っておいても自分から動く奴だから大丈夫。任せて下さい」

 また、こんな愚痴も聞いた。
 「あいつもおまえみたいにやってほしいんだけどな・・・」


 本記事、言い訳と取られても仕方がない。ただの愚痴と取られても仕方ない。
 いずれにしても過去のことだ。
 前を向かなきゃ、ね。

 明日、面接が入った。

 いよいよさ。
 

終わった・・・

仕事の方法論(介護職)
07 /20 2016
 今日、七月二十日(水)。
 今の職場での仕事が終わった。
 自分なりに精一杯やったのだ。仕事上、何の悔いもない。

 帰り際、職員さんたちから豪華な花束を貰った。
 「お疲れさまでした。これからも頑張ってね」
 いつもは鬼の職員さんもこの時ばかりは仏の顔だった。

 「ありがとうございます!ここで学んだことを生かして頑張ります!」

 と、元気よく答えたのはいい。

 だが、仕事を辞めるというのは(私の場合はクビだが)、人生にとって、けっこうとんでもないことなのだ。
 収入のあてがなくなるというのは、けっこう、一大事なのだ。
 職員の皆さんに温かく見送られて泣いてる場合じゃない。

 家賃、光熱費、食費、国保、その他生活の用に必要なもの・・・。
 そんなものを今後どうやって支払っていくか。
 今から、生活が心に重くのしかかる・・・。

 私は、次の収入のあてを早く見つけなければならない。

 転職(転社)は次で5回目。
 アルバイトも入れればもう数え切れない。
 まったく退屈しない人生だよ(笑)

 とにかく次だ。次。

 明日からさっそく動きはじめようと思っているよ。