FC2ブログ

嫌われる男こそ一流

音楽・映画・本
05 /27 2016

 いいね~、この雨。
 ずぶ濡れが今のおれにはお似合いだ。
 もっと、もっとおれにくれ。そして濡らしてくれ。何、水もしたたるいい男ってものさ。

 ・・・。

 よくもまあ、これだけ嫌われたものだ。
 まるで歓迎されないパーティに招かれているみたいだ。
 それでも行かなきゃな・・・。私には生活があるのだ・・・。

 単に仕事が不出来だから嫌われてるわけじゃないと思う。
 何となく、私という存在自体が毛嫌いされているような気がする・・・。

 私は仕事に関しては、かなりわがままだ。
 上司や先輩の命令・指示に疑問があれば、それは介護の仕事の本来あるべき姿ではない、とすぐ反発する。
 もちろん、礼儀やマナー、言葉遣い等を充分に意識し、しっかりと守った上でだ。

 私が組織の一員として良くないのは、たとえそうするように指示・命令されても、それが間違っている・この仕事の本質から逸脱すると思ったら、頑として自分のやり方を貫いてしまうところだ。

 上司や先輩からしたら、本当に扱いにくい奴だよな・・・。

 この傾向は実は昔からあった。
 そして、女性から嫌われるのも、別に今回がはじめてのことじゃない。
 サラリーマン時代にも、多々、私は女性に嫌われてきた。
 だけど不思議なことに、男性には好かれた、気がする。
 それは今の職場においてもそう。

 ・・・。

 組織に迎合すること。
 上司や先輩の指示・命令に対して、たとえ疑問があってもそれを押し殺し、従うこと。
 そして、自分の言葉が殺されることは、自分が殺されることだ・・・。

 こんな本でも読んで、少しは強がってみようか。
 私は傲慢だろうか・・・。自己中だろうか。あまりにひとりよがりに過ぎるだろうか・・・。
 だが、譲れないものって誰にでもあって、それってすごく大事だと思うのだ・・・。

 
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

敗因

仕事(介護職)
05 /24 2016

 私は自転車が好きだ。
 私の乗っている自転車は、ごく普通のありふれた自転車だ。
 自転車は、足(太腿)が鍛えられる。
 向かい風、大歓迎。それも強ければ強い風こそ大歓迎だ。
 それだけ、脚力がつくってものさ。

 ・・・

 「何度でも立ち上がれ」とは、尾崎豊の言葉だ。
 その通りだ。
 男一匹、これから何でもやれるし、何をやっても食っていけるさ。


 私は先週、クビを言い渡された。
 言い訳も不満も愚痴も言わず、解雇、という事態を素直に受け入れた。
 施設、経営者さんには感謝してる。感謝してるよ。

 ということで、私は約二ヶ月後、今の職場を去ることとなった・・・。


 今回の敗因は、唯一言にして尽くす。
 他の職員さんたちとのコミュニケーションが上手くいかなかった。
 即ち、私は職場で孤立してしまったのだ。

 とは言え、挨拶や礼儀については私はうるさい。
 だから、それについてはしっかりとしたつもりだ。
 しかし、それだけでは足りないようだ。

 仕事仲間とのコミュニケーションは、今後、私にとって、大きな課題となると思う。



 以前、とある会社の社長に言われたことがある。

 「和巳くんは、おれがおれが、という気持ちが強過ぎる。”(周りに)合わせる”ということも考えなくちゃ」

 おれがおれが!
 良くも悪くも、いや、組織にとっては悪いことだ。
 この、私の、「おれがおれが!」という自己顕示欲。

 抑えよう抑えようとしても、組織の一員であろうとしても、どうしても出てきてしまうこの私の自我・・・。

 「あなたはKさん(当時の上司)の指示を聞かないで、何でもかんでも、おれ流おれ流なの!それじゃだめなの!わからない!?」
 と、言われたこともある。

 ・・・。

 反省すべき点は反省し、直せることは直そうと思ってる。
 やはり、仕事を遂行する上で、周りから孤立してしまってはいけない。
 チームワークが成り立たず、エンドユーザ(ご利用者さん)にご迷惑をお掛けしてしまうことにもなりかねない。


 ただ、今は・・・、今は・・・。
 今勤めている職場で、最後の日まで精一杯頑張ろうと思っている。
 大切なのは学ぶことだ。

 そのために、これからの一日一日を大事に、噛み締めながら仕事に臨みたい。

 頑張るよ。
 

クビを言い渡された・・・

仕事(介護職)
05 /21 2016
 唐突だが、今日、クビを言い渡された。

 と言っても、すぐすぐじゃない。一ヶ月、いや、二ヶ月くらい先の話だ。
 経営者の方で、私が次の職場を見つけるまでの猶予をくれたのだ。
 そのご配慮をありがたいと思った。

 とは言え、クビだ・・・。

 仕方ない。自業自得だ・・・。

 施設(組織)のやり方にどうしても我慢できなかった。
 それが正しい介護のあり方だと、どうしても思えなかったんだ。
 特に、食事介助。
 「もうお腹一杯ですので要らないです・・・」と訴えているご利用者さんに、無理矢理食べさせる。
 それが組織のルールだからと言って、明らかに苦しんでいるご利用者さんに、正に、無理矢理食べさせる・・・。

 この食事介助については、また機会があれば書こうと思う。

 とにかくそんなご利用者さんが可哀想で、とても見ちゃいられなかった・・・。
 だが、施設としては、全部、そして早く食べさせること。
 早く、そして、全部食べさせられれば、仕事が出来ると評価される・・・。

 私は、そんな組織の方針に、とても納得できなかった。
 それが、介護という仕事のあるべき正しい姿だとはとても思えなかった。
 だから、私はあえて組織のルールを逸脱した。
 自分が正しいと信じる介助やコミュニケーションを行ったのだ。
 それは食事介助だけでなくね・・・。

 当然、周りの先輩職員さんたちから冷たく反発の目で見られ、顰蹙を買った・・・。

 ・・・。


 ごめん。
 そうは言っても、ともかくも経験も資格もない私を雇って下さった施設だ。
 悪口は言いたくない。

 感謝してるよ。
 恨みも憎みもしていない。
 その仕事のやり方にいろいろと疑問はあるが、でも、良い施設だと思う。

 まだちょっとだけ先かもしれないが、クビだからと言って手抜きしたりせず、最後まで精一杯頑張りたい、貢献したいと思ってる。

 明日も仕事を入れて下さっている。ありがたいことだ。

 勝ち負けはともかく、自分なりに精一杯頑張ってくるよ。

 こんな愚痴を聞いてくれて、ありがとう。
 

出勤前、雨の公園にて

仕事(介護職)
05 /17 2016
 重い日々がつづく・・・。
 うまくいかない。うまくいかないよ・・・。
 今日がどうなるかもわからない。明日がどうなるかもわからない・・・。

 ・・・。


 今日、出勤前、雨の公園にてずぶ濡れの私に、見知らぬ女性が近寄ってきて、傘を差し出してくれた。
 「ずぶ濡れじゃない。この傘、使って」

 私はその女性の親切と人情をありがたいと思った。

 「ありがとうございます。・・・ですが、もうすぐ出勤なので大丈夫です。本当にありがとうございます」
 私が笑顔になってそう言うと、彼女は私の方を振り返り振り返り、去って行った・・・。

 世の中、捨てたもんじゃないよな・・・。


 だが、今は一人でいたい・・・。
 雨に濡れ、ぼんやりと雨の景色を眺めながら、ひとり、黙って落ち込んでいたい・・・。

 だがもう時間だ。


 行かなきゃな・・・。
 

わからんよ・・・

仕事(介護職)
05 /07 2016
 わからん・・・。
 わからないよ・・・。
 今日がどうなるかなんて。明日がどうなるかなんて・・・。

 そして、この仕事・・・。

 だからせめて、悔いのないよう、今日という一日を自分なりに力一杯に生きてみる。やってみる。働いてみる。くたくたになるまで・・・。

 この仕事で、やりがいを見つけた。
 リハビリだ。
 今はサポート無しでは歩行困難でも、地道にリハビリを続けることによって歩けるようになる。
 そんな素質を持った利用者さんが何人かいらっしゃる。
 是非、歩いて頂きたいと思うのだ。一人で歩けることの喜びを感じて欲しいのだ。
 「私がきっと歩けるようにしてみせます!」
 そんな啖呵を切った。

 だが・・・。

 「あんたみたいなやり方してると、組織は回らないの!」

 私がああしたい、こうしたいと思ってることが、ことごとく否定される。

 「むしろ迷惑なんだよね」

 そんな陰口も聞いた・・・。


 組織人失格。


 「和巳さん、もうそろそろ一年経つんでしょ。みんな心配してるよ」

 こんな私でも、働かせて頂けてることに、施設には本当に感謝している。
 明日も仕事を入れて下さってることに、本当に感謝している。
 だから、施設(組織)に少しでも貢献させて頂き、お役に立ちたいと思ってる・・・。

 だけど、向いてないね・・・。

 向いてない・・・。