FC2ブログ

とうとうやってしまった

仕事(介護職)
12 /17 2015
 感謝の気持ちと謙虚な姿勢。
 そんな心を忘れずに仕事に臨んでいたつもりだった。
 だが、とうとうやってしまった。

 施設で一番偉い人と激しくやり合ってしまったのだ。

 私も悪かったのだ。
 利用者さんの観察記録に集中している時に、割り込みで作業を依頼された。
 だが、利用者さんの今日一日の状態を正確に間違いなく記録するには、それなりの観察眼と文章が必要となる。
 私が書いた記録で、その利用者さんの今後のケアの仕方も変わってくるのだ。
 それ故、割り込みで依頼された作業を、私は断ってしまった。

 それがいけなかった。

 施設長に強い口調で叱責された。
 一度は謝ったが、その後嫌味やら文句やらを言われ続けた。
 それで今日、とうとうやり合ってしまったのだ。

 私も悪かった。
 反省もしている。
 割り込みで依頼された作業もまた、施設にとって大事な仕事だったのだ。

 だが、その言われ様に、どうしても納得できなかった。

 私の勤務する施設は、その人の鶴の一声で何でも決まる。
 逆らうスタッフなどいない。
 それなりの年齢の方で、年相応の人間性が感じられ、私も尊敬し信頼してた人だけに、今回はショックだった。

 クビ、かな・・・。
 あるいは、出勤日数を減らされたり。
 給料については今、ぎりぎり。今以上に出勤日数が減らされれば、私の生活は成り立たなくなる。

 いつでも謙虚さを忘れずに物事に臨む。
 それが私のモットーだが、今回はどうしても我慢できなかった。
 謙虚であることと、まるで奴隷のように従うこととは違うのだ・・・。

 余談。

 ある利用者さん(女性)に、今回のことでへまなことを言ってしまった。
 あくまで冗談っぽく、「Hさんに逆らっちゃったので、私クビになるかもしれないんですよ~(笑)」と。
 そしたら、涙ぐんでおっしゃって下さった。

 「あなたが辞めたら、私はすごく困ります・・・」

 その利用者さんには本当に申し訳ないことを言ってしまった。
 もちろん、フォローした。
 「すみません! 心配要りません。私は辞めません。どうぞご安心下さい」、と。

 私には、そんな風に思って下さる利用者さんもいるのだ。
 そんな方が一人でもいる限り、私は頑張り続けたい。

 問題は、職員の方々との人間関係だ。
 味方となって下さる方もいれば、私のことを目の敵にしている人もいる。
 そんな人たちと今後、どう付き合っていけばいいのか。

 「自分が変われば、相手も変わる」

 今はこの言葉を信じ、さらに謙虚に、さらに感謝の気持ちで臨んでいくしかない。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

辛抱

仕事(介護職)
12 /06 2015
 仕事でミスを連発してしまった。
 早く皆さんのお役に立たねば、と逸り、その思いが見事に空回りしてしまった。
 ミスをフォローしようと焦り、そのフォローの仕方もまずかった。

 無論、怒られる。
 仕方ない。ミスした自分が悪いのだ。
 言い訳などしたくない。せっかく失敗したんだ。今後に生かさねば、と思う。

 だが、Wさん。
 特に、Wさんにはぼろくそだった。
 よくそんな人を傷つけ、自信を失くさせる言葉を持ってるものだ。
 よくそんな、人の心を追い詰める言い方ができるものだ。
 何となく、Wさんには、仕事云々の前に、私個人に対する憎しみみたいなものを感じる。

 そんなWさんの言葉も、なるべくポジティブに受け止め、受け入れているつもりだが、ものには限度がある。
 正直、今日はぶちぎれて、そのままとんずらしようかと思った。
 だが、そこをぐっとこらえ、心の中で、怒りの炎を何とか静めた。

 辛抱だ。
 Wさんはベテランだ。
 辛いが、ただ黙って、辛抱するしかない・・・。

 今後も、Wさんとの確執は続くだろう。
 だが、中には、私のことを応援して下さり、期待して下さっている方もいるんだ。
 また、私が行くと嬉しそうに微笑んで下さる利用者さんもいる。

 そんな人が一人でもいる限り、私は頑張りたい。頑張らせて頂きたい。

女心(村上理沙)

官能の美学
12 /04 2015

 いい女は素晴らしい。愛する価値があるからだ。


 女とは、女心とは、まるで薄く繊細なガラス細工のように、脆く、弱い。
 だから、男は、愛してやるんだ。
 その女心の求めに、しっかりと応えてやるんだ。

 それは、流行りのレストランやお洒落なバーに連れて行くことでも、高価なプレゼントをすることでもない。
 女心は、男にそんなものは求めてはいない。
 女心が男に求めているものは、唯一つ、男らしさだ。

 女を愛するってのは、自分がいかに男らしく、逞しく、強くあり、生きているか、なんだ。

 即ち、男が女を愛するってのは、自分の生き方やあり方の問題なんだ。

 いかに強く、逞しく、男らしくあり、そして、生きているか。
 女は常に、男にそれを求め、問い、見ている。その言葉に、態度に、行動に、その男の強さ、逞しさを。
 そんな女心の求めを、男は裏切ってはいけない。

 この映像。
 相手の男が、そんな男かどうかはわからないが、少なくともこの女性。
 いい女だ。

続きを読む