FC2ブログ

不甲斐ない一日

仕事(介護職)
07 /26 2015
 今日は日曜日。
 だが、日曜(休日)という気分に全然なれない。
 今日も仕事があったからだ。

 その仕事のことだが、とうとうやってしまった。

 遅刻してしまったのだ。それも30分も。まったく不甲斐ない・・・。
 あれだけの決心をして臨んだ仕事にも関わらず、だ。
 自分が情けない・・・。周りの人たちにも、大変ご迷惑をかけてしまった・・・。本当に申し訳ない気持ちでいっぱいだ。。。
 現場で働くスタッフさんたちに、謝りに謝った。
 スタッフさんたちは、私がまだ新人ということで、遅刻した私を優しく諭してくれた。その優しさが身にしみ、心に申し訳ない思いでいっぱいになった。

 サラリーマンに限らず、仕事人にとって、遅刻は厳禁。すごく厳禁。絶対だめ。遅刻なんて、仕事以前の問題だ。

 前の夜、明日の仕事のために、早めに寝たつもりだったのだが、薬(セロクエル)が効き過ぎたようだ。
 また、長らく、仕事から離れていたため、生活(仕事)リズムがなかなか掴めずにいる。。。
 だが、そんなのは言い訳だ。
 すべては、私の怠慢。甘えだ。
 やりたい仕事、この先ずっと続けたい仕事があれば、その仕事に合わせて、普段から生活リズムを整えるのが、仕事人として当たり前のことだ。

 対応策として、自分の生活リズム・ペースを見直し、大幅に改善しようと思う。

 そんな私の不甲斐ない一日のご報告でした。。。応援して下さる方々にも申し訳ない。本当に、申し訳ない。。。

 
 
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

やりがいって何だろう

仕事(介護職)
07 /25 2015
 今朝から神経症の症状が出て、精神的にしんどい。
 まだ、仕事(介護職)の緊張感が取れない。
 明日も仕事だ。行くんだ。行かなくちゃ。私は、介護職で、この人生をやり直すのだ。

 前にも書いたけど、介護の仕事は、私に、性格的には合ってる気がする。
 ご利用者さんたちと接し、様々な生活支援・介助をすることが、まったく苦にならない。排泄介助もまったく苦にならない。それどころか、楽しさを感じることもある。
 この、楽しさを感じるって、とっても大事だと思うんだ。

 やりがいって何だろう・・・。

 それを具体的に言葉にすることもできると思う。
 だが、私は、そこ(現場)にいて、働いてて、何となくでも、楽しさを感じること、なんじゃないかなって思うんだ。
 強引にやりがいを見つけようとしても、なかなか難しい。
 働いてて、経験を積む中で、自然と感じるものなんじゃないかなって思うんだよね。やりがいってものは。
 と、なると、私はまだまだなんだな・・・。

 だが、今度ばかりは諦めない。私は、介護職でこの人生をやり直す。この決意で臨んだ仕事だ。
 物覚え悪く、不器用な私だが、きっと一人前の介護職員になってみせる。
 いくら時間が掛かってもだ。

 その仕事にやりがいを見出した人は強い。

 私も、過去サラリーマンをやっていた時、やりがいがあった時、強かった。
 仕事場でも輝き、人生も輝き、女性にももてた。周囲も、そんな私に続けとばかりに、盛り上がった。
 信じよう。私には、そんな力があるんだ。

 だが、まずは、ちゃんと働くこと。
 毎回、ちゃんと行くこと。
 先輩方の指導をしっかりと聞くこと。

 働くことは気持ちいい。そう感じる。これはチャンスだ。
 自分はこの人生を再構築できる。
 そう信じて・・・。

仕事(介護職)

仕事(介護職)
07 /20 2015
 介護の仕事。
 やりがいと試練と、二つ、見出したり・・・。

 今日も仕事だった。
 働くことは気持ちいい。その日一日が充実した気分になれる。
 仕事中は、汗びっしょりだ。だが、それが気持ちいいんだ。

 介護の仕事。
 思った以上に、肉体労働だ。
 特に私の場合、介護技術がまだまだ未熟の為、ご利用者さんの移乗介助等、自分の肉体(筋肉)、つまり、力を駆使して行っている。
 自分の肉体(筋肉)には、そこそこ自信があるつもりだったが、これ程まで重労働だとは思わなかった。
 何より、腰にくるのだ。

 だが、そんなことは大したことではない。

 働き始めて約二週間。
 現場の想像以上の厳しさを知った。
 その厳しさは、また後日書こうと思うが、介護福祉職は、身内の介護ではない、やはり仕事なのだ。あまり、こういう言い方はしたくないが、やはり、ビジネスなのだ。
 それだけに、専門技術が要求される。
 それを身につける為には、私にはもう少し時間が掛かりそうだ。

 だけど、初心は忘れたくない。

 ご利用者さんを、私の介護で、元気づけ、勇気づけたい・・・。

 介護技術は未熟ながら、その心に応えて下さるご利用者さんもいる。
 その時のご利用者さんの笑顔を見るのが何より、嬉しい。
 認知症とは言え、わかるのだ。伝わるのだ。その心は。

 精一杯、頑張るよ。

ご報告

仕事(介護職)
07 /03 2015
 ようやく、仕事が決まった。
 希望していた介護福祉の仕事。
 これも本当に、こんな私にも関わって下さるみんなのおかげだ。ありがとう。

 来週火曜日が初出勤日となる。
 今から、余計な心配ばかりして、ど緊張している。
 正直、緊張のし過ぎで、気分が低下してしまっている。
 だが、もう後には引けない。前回のアルバイトの二の舞は出来ない。
 私は、介護福祉業界で、人生をやり直すのだ。

 勤務日数は、まずは週二日とのこと。
 面接の席で、今の私の症状を正直に言ったところ、それではまず、週二日から、というご配慮を頂いた。
 私としては、生活リズムをつける為、また、普通の人と同じ日常を送りたい為、普通の人のように、週五日働きたいと思ったが、そこは、ありがたく、ご配慮を素直に頂いた。

 私が、介護業界を希望した理由。
 それは、人(心)を相手に、人(心)と触れ合う仕事だからだ。
 当然、仕事技術以上に、人間性が問われ、求められる。

 私に勤まるだろうか・・・。

 初めての業界・仕事の為、やはり、緊張や不安は高まる。
 少しだけ職場見学をさせて頂いたが、スタッフさんたちは皆、てきぱきと動いていて、なかなか厳しそうな職場だ。
 だが、初心を忘れずに、少しずつ、慣れていこうと思う。

 私の力で、ご利用者さんたちに、生きる勇気と元気を与えられたら、と思っている。

 頑張るよ。みんな、ありがとう。