FC2ブログ

Time After Time/Cyndi Lauper

音楽・映画・本
05 /29 2014
 エンターテイメントがあるから、私は生きていられる。
 みんながいるから、私は立っていられる。
 そしてきみがいるから、僕は夢を見つづけられる。

 ありがとう。

 
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

Energy Flow/坂本龍一

音楽・映画・本
05 /28 2014
 こうしていても、何も始まらない。
 そう思って書いたのが、「K18<情事の後>」だ。
 下書きは昨日のうちに済ませてあったのだが、ブログに書くタイミングを逸してしまっていたのだ。だからさっきやっと書いた。

 もういい大人の女々しい恋心だ。

 みんな、どう思うかな。


 やはり、私は自分を諦めたくない。自分を乱暴に扱って、自暴自棄になって、自分(心)を捨てたくない。
 望みはあるはずだ。自分の中に。自分の足下にだ。
 それは、蜘蛛の糸ほどの手掛かりかもしれないが、私は決っして放さない。

 昨日は深夜から起きている。今朝は少しずつ、自分(心)を高めていきたい。

 朝だ。

 

地上の星/中島みゆき

音楽・映画・本
05 /28 2014
 動きだすまでの数分間・・・。
 動きだすには、まだ何か足りない。私の心が熱くならない。熱くなれる何かを求める。
 あるはずだ・・・。

 もう少しで自暴自棄になるところだった。
 今はさっきまでの弱気からだいぶ回復している。

 街を歩いてきたのだ。

 帰って一服した。
 一服しながら、何か書きたくなった。自分の感性のおもむくままに何かを感じ、そして、そうして感じた何かについて、書きたくなったのだ。

 このブログはある時から、日記風の自由文中心となった。
 もちろん、これからも、男と女そのテーマにおいて、いろいろと書いていきたい。

 このブログでやりたいことはたくさんあるんだ。
 アフィリエイトを始めたのも、実は前からやりたいことの一つだった。

 アフィリエイトも含め、新しいことをやるからには真剣に取り組み、臨みたい。
 何事も中途半端で終わらせたくないのが、私の性分だ。
 たとえ、多少健康を害してでもやる。やりたいのだ。

 この性分は、明らかに父親譲りだ。

 私は父を尊敬している。自らの命をかけ、自らの命を削り、自らの仕事を貫く人だからだ。
 私はそんな父に比べれば、まだまだ小僧だ。

 私の父でなくても、団塊の世代。日本の高度成長を創り、支えた男たち。その熱き心に、私は打たれる。

 今の社会がいいか悪いかはともかく、少なくとも、私たちがこうして生きていられるのは、ひとえに、彼ら団塊の世代と言われた男たちの情熱のおかげだ。

 僕らも負けていられないじゃないか。

 

 ああ、涙が出る・・・。

 

やはり伸びた男 意外にだめだった男/綾小路さゆり

音楽・映画・本
05 /27 2014
 いい女の言うことは聞いておけ。

 これは私のきみへのアドバイスだ。
 女性にもてる為に、いい女の言うことはちゃんと聞いておいた方がいい。
 間違いないから。きみを必ずや、いい男にしてくれ、もてる男にしてくれるから。

 因みに、このブログを見て下さる女性たちは、皆、いい女だ。
 こんなだめな私にお付き合いして下さってるのだから。
 だからきみには、コメントまでしっかりと読んでもらいたいんだ。

 昨日、女性にもてる為の本を紹介したが、さらに紹介したい。
 しつこいかもしれないが、女性にもてると、人生が変わるんだ。

 その証拠。
 私は、金なし、仕事なし、妻子なし、彼女なし、心臓神経症(パニック障害)だが、自殺も犯罪も犯さず、こうして明日への希望や夢を失うことなく、生きていられるのは、ひとえに、私が女性にもてるからだ。
 自分で自分のことを、女性にもてるなんて傲慢極まる言い方してしまってごめんよ。だが本当なんだ。

 女性にもてると人生は変わる。

 その為にも、いい女の言うことはしっかりと聞くべきだ。

 

ささやき<佐山愛>

官能の美学
05 /24 2014
 佐山愛のささやき。その言葉。
 この映像にセックスはないが、佐山愛のその優しい言葉に感動すらする。
 実に癒される映像だ。

 

 そんな佐山愛の可愛らしさ、愛らしさが表現されている映像です。
 良ければどうぞ。

続きを読む

インテリジェント・セックス<杉本彩>

音楽・映画・本
05 /24 2014
 杉本彩さん。いい女であり、また、私の尊敬する姉さんだ。

 


 「インテリジェント・セックス」
 彩さんの書いた本。私は興味深く読ませて頂いた。大人の女心がよくわかる本だ。
 また、彩さんの知性に関心したのはもちろん、彩さんの女心とセックスに対する彼女の思いと欲望が感じられて、興奮もしてしまった。
 女性関係に悩む男性は充分参考になるはずだ。男はやはり、スマート(紳士)でなくてはならないのだ。

 
 ※クリックすると、Amazonさんのサイトが開きます。

 だが・・・。
 「肉料理を食べられない男に用はない」
 この言葉だけ、賛成できない・・・。

続きを読む

核(CORE)/尾崎豊

音楽・映画・本
05 /22 2014
 アフィリエイトって、今、少し、考えている。
 金に詰まれば、人は何でもするのだ。なりふり構ってはいられない。カッコつけてもいられない。プライド(男根主義)も地に落ちる。

 もうこれ以上、強気にはいられない。
 私の生活は、もうそこまで来ているのだ。

 働きたい。だが働けない。苦しいもがき。
 心の夜明けを待ち望み、掟の門の前に立ち尽くす。ただぼんやり、いや、物欲しげな目で。

 社会。世間・・・。
 「今のおまえ、世間が許しはしないよ」

 子供の時、まさか、自分がこんなだめな大人(人間)になるなんて、思いもよらなかった。
 きっと夢を叶え、その夢の仕事で一旗上げてる、将来の自分のそんな姿を想像し、酔い、熱く夢見ていた。

 あの頃に戻りたいとは思わない。

 この苦しい今は、自分が創り出したのだ。

 「生きてろ。今がどんなであっても、どんなに世間のそしりを受けようが、とにかく生きてろ。とにかく今はまず生きてろ。それだけでいい・・・」

 だめだ。安定剤を飲もう。それしかない・・・。

 「何かがおれと社会と不調和にしていく。前から少しずつ感じていたことなんだ」(尾崎豊)

 「一人で生きていける女もいれば、そうではない男もいる。私もそういう愚図の一人だったのである」(「赤目四十八瀧心中未遂」車谷長吉)

 「チンケに負ける豚もある」

 「絶望とは死に至る病」(キルケゴール)

 「生まれてすみません」(太宰治)

 ・・・。

 夢は遠のき、この苦しい今(生活)だけ残り、あまり苦しい時には布団に覆いかぶさり、その時間が過ぎるのを待つ。
 誰も助けてはくれない。神のみぞ知る。私は、ひとりなのだ・・・。

 みんなの同情を買おうとしているわけではない。同情どころか、何もしていない人間は、ただ世間のバッシングを受けるしかないのだ。この身一身に。

 世間のバッシング・・・。

 私が、生きていることは罪なのか。

 神は何故、私という人間をこの世に創造されたのか。

 目が回る。気が狂いそうだ。いや、もう狂っているんだ。たぶん・・・。


 みんな、ごめんよ。こんなばかげたこと、聞かずにいてくれ・・・。

 

村上涼子

官能の美学
05 /21 2014
 私は、熟女、という言葉があまり好きではない。
 自分より年上のお姉さん、でいいじゃないか、と思うんだ。

 この映像、相手の男性より年上かどうかはわからないが、ただ、村上涼子のこの魅力。
 素晴らしい。
 村上涼子。美しい女性だ。セックスを知り尽くしている。大人の女の色気を感じる。

 そんな女性に、こんな風に抱き、そして、愛撫とフェラチオをしてもらいたいものだ。
 

続きを読む

Notorious/Loverboy

音楽・映画・本
05 /19 2014
 小鳥が可愛らしくチュンチュンと鳴く。朝だ。

 今日の日が、晴れでも、曇りでも、雨であっても、私は朝が好きだ。
 朝の光に力を感じる。純粋な光に満ちた力。
 地球全体がいっせいに動き出し、活動を始める。そんな巨大なパワーだ。

 何かいいことがありそうな気がする。その予感に心がときめく。

 朝だ。みんな、元気に行こう!

 Goodmorning,Tokyo!
 Rock'n'Roll Here to stay!

 

SAW/SOUNDTRACK

音楽・映画・本
05 /17 2014
 今、深夜の街を歩いてきた。
 夜風が肌に心地良い。少しずつ、感覚と感性が覚醒してくる。

 私はついさっき、長い眠りから覚めたばかりなのだ。
 これでは昼夜逆転の生活となってしまうが、それは気にしていない。
 ただ、私の体が感じる自然法則に従うのみ。眠くなったら、人は眠るのだ。

 夜の静けさ。

 私の部屋に、平和な時が流れている。
 生活はどこまでも私につきまとうが、今は、その不安から免れている。
 神経症による心臓の痛みも、今はない。

 あらゆる苦悩や心配事から免れているのだ。

 だが、何だか、それが不気味だ。

 部屋は何も答えてはくれない。ただ静けさがそこにあるのみ。そこにポツンとひとり、座しているのが私だ。

 みんな、この音楽を怖がるだろうか。確かに不気味な音の調べだ。
 私はしかし、このサウンドトラックを聞くと、むしろ気持ちが高揚する。高まるのだ。

 映画の内容についてはあえて触れまい。

 回しっ放しの換気扇の音が、轟音に聞こえる・・・。
 意識が、私の感覚が、感性が、目を覚まし、そして少しずつ鋭利になっていく。その刃物を研ぎ澄まし、私は書くのだ。

 ひとり、ニヤリと笑う。待ってろよ・・・。

 体が熱を帯びてくる。何とか書けそうだ。

 行くぞ・・・。