FC2ブログ

Time After Time/Cyndi Lauper

 エンターテイメントがあるから、私は生きていられる。
 みんながいるから、私は立っていられる。
 そしてきみがいるから、僕は夢を見つづけられる。

 ありがとう。

 
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

Energy Flow/坂本龍一

 こうしていても、何も始まらない。
 そう思って書いたのが、「K18<情事の後>」だ。
 下書きは昨日のうちに済ませてあったのだが、ブログに書くタイミングを逸してしまっていたのだ。だからさっきやっと書いた。

 もういい大人の女々しい恋心だ。

 みんな、どう思うかな。


 やはり、私は自分を諦めたくない。自分を乱暴に扱って、自暴自棄になって、自分(心)を捨てたくない。
 望みはあるはずだ。自分の中に。自分の足下にだ。
 それは、蜘蛛の糸ほどの手掛かりかもしれないが、私は決っして放さない。

 昨日は深夜から起きている。今朝は少しずつ、自分(心)を高めていきたい。

 朝だ。

 

K18<情事の後>

 あれから、との連絡が途絶えた。もうこれ切りということなのだろうか。

 あの日の夜が忘れられない。
 あの時、この身に受けたのセックス、その性技。なすすべなく、一方的に攻め立てられたこのおれ。

 あの夜が忘れられない。
 あの夜の情事が、深い傷跡となって、おれの心を痛める。忘れられないんだ・・・。

 電話してみようか。
 ためらいがちに受話器を手に取る。
 だが、プッシュボタンを押そうとして、その指が止まる。

 女()に溺れてしまった男を、は何と思うだろうか。
 あれだけ逝かされたおれは、もう、にとって用無しの男でしかないのだろうか。

 に会いたい・・・。
 その欲が増せば増すほど、心が痛む。こんなにも、おれは弱い男だったのだ。

 ふと、ペニスに手が伸びる。自慰だ。
 あの日のセックスを思い出し、おれは何度もオナニーし、射精する。昨夜も、恐らく今夜も。

 ああ、。きみに会いたい。
 セックスなんてなくてもいい。ただもう一度、あの日のを感じたい。あの日の夜のの匂いを少しでも薄れさせたくないんだ。

 鏡を見る。
 大丈夫だ。おれの目はまだ生きている。輝いている。
 夢を忘れやしていない。自信を失ったりしていない。

 強がり?まさか。


 これが、恋なのか。それとも、おれは、ただ、夢を見てるだけなのか。

 。教えてくれ・・・。
 
 

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

地上の星/中島みゆき

 動きだすまでの数分間・・・。
 動きだすには、まだ何か足りない。私の心が熱くならない。熱くなれる何かを求める。
 あるはずだ・・・。

 もう少しで自暴自棄になるところだった。
 今はさっきまでの弱気からだいぶ回復している。

 街を歩いてきたのだ。

 帰って一服した。
 一服しながら、何か書きたくなった。自分の感性のおもむくままに何かを感じ、そして、そうして感じた何かについて、書きたくなったのだ。

 このブログはある時から、日記風の自由文中心となった。
 もちろん、これからも、男と女そのテーマにおいて、いろいろと書いていきたい。

 このブログでやりたいことはたくさんあるんだ。
 アフィリエイトを始めたのも、実は前からやりたいことの一つだった。

 アフィリエイトも含め、新しいことをやるからには真剣に取り組み、臨みたい。
 何事も中途半端で終わらせたくないのが、私の性分だ。
 たとえ、多少健康を害してでもやる。やりたいのだ。

 この性分は、明らかに父親譲りだ。

 私は父を尊敬している。自らの命をかけ、自らの命を削り、自らの仕事を貫く人だからだ。
 私はそんな父に比べれば、まだまだ小僧だ。

 私の父でなくても、団塊の世代。日本の高度成長を創り、支えた男たち。その熱き心に、私は打たれる。

 今の社会がいいか悪いかはともかく、少なくとも、私たちがこうして生きていられるのは、ひとえに、彼ら団塊の世代と言われた男たちの情熱のおかげだ。

 僕らも負けていられないじゃないか。

 

 ああ、涙が出る・・・。

 

シドアンドナンシー

 さっきまでこんな気持ちだった。

 

 熱くなりたい。
 私の心と体を熱くしてくれる何かがほしい。

 

やはり伸びた男 意外にだめだった男/綾小路さゆり

 いい女の言うことは聞いておけ。

 これは私のきみへのアドバイスだ。
 女性にもてる為に、いい女の言うことはちゃんと聞いておいた方がいい。
 間違いないから。きみを必ずや、いい男にしてくれ、もてる男にしてくれるから。

 因みに、このブログを見て下さる女性たちは、皆、いい女だ。
 こんなだめな私にお付き合いして下さってるのだから。
 だからきみには、コメントまでしっかりと読んでもらいたいんだ。

 昨日、女性にもてる為の本を紹介したが、さらに紹介したい。
 しつこいかもしれないが、女性にもてると、人生が変わるんだ。

 その証拠。
 私は、金なし、仕事なし、妻子なし、彼女なし、心臓神経症(パニック障害)だが、自殺も犯罪も犯さず、こうして明日への希望や夢を失うことなく、生きていられるのは、ひとえに、私が女性にもてるからだ。
 自分で自分のことを、女性にもてるなんて傲慢極まる言い方してしまってごめんよ。だが本当なんだ。

 女性にもてると人生は変わる。

 その為にも、いい女の言うことはしっかりと聞くべきだ。

 

まず自分(心)ありき

 男と女の関係がそれ程複雑なのではない。
 
 人(心)と人(心)とが、その時々の状況によって、すれ違うのだ。

 人(心)は、いつも調子がいいとは限らない。
 人(心)は、いつも、その気でいるとは限らない。
 人(心)は、いつもセックス(欲)を感じているとは限らない。

 そんな人の心に、ずかずかと土足で、勝手に踏み込んではいけない。

 相手(心)がわからなければ、聞けばいいんだ。
 相手(心)も、それを待っているから。あるいは、待ち望んでいるから。

 「何故なら、あなたは聞いてくれなかった・・・」

 そんな相手の心が悲しくなる前に聞くんだ。

 そして、きみも、聞かれたなら、今の気持ち(心の状態)を素直に、正直に、答えればいい。

 それが、人と人との関わり、コミュニケーションだと思う。


 いずれにしても、心の姿勢、大切に。
 相手に何かを望み求める前に、まず自分(心)だ。

 心の姿勢を正せば、人生は変わる。

 

一流の男、二流の男/里中李生

 女性にもてたいと思ってるきみへ。
 まずはこの四冊を読んでほしい。きっと、きみの思いその実現の力になってくれるはずだ。
 私もまずはこの本を読んで、二流の男から脱却した。やっと、わかった。やっと抜け出せた。そんな感慨を受けた。

 里中李生先生。

  

 私の男根主義の先輩だ。私に、ニーチェを教えてくれた先生でもある。誰が何と言おうと、私は熱く尊敬している。
 まるで、現代の吉田松陰だ。
 だが、先生。私は、先生までをも越えてみせる。

 

 

虎を愛した女/渡辺やよい

 まだ少し、目覚めが薄い・・・。

 昨夜は六時間ほど寝た。まずまずの睡眠時間だろう。よく眠れたとまではいかないまでも、ともかく、体を休めるのはいいことだ。
 朝の街を歩いてきた。
 今朝は曇りか。もう少ししたら雨になるかもしれない・・・。

 朝の街の空気を気持ちよく肌に感じながら、昨日の疲れが少し残っていることに気づく。
 だがこの疲労感も、この朝の光と共に、少しずつ薄れていくはずだ。
 そうしたら、何か始めよう・・・。

 朝はいつも、何か新しいことを始めたくなる。ほんの少しでいいから、何か昨日までとは違う自分に出会い、感じたくなるのだ。
 思いつくのは、このブログ。私に今できることは、ブログだけだ。
 新たに、「本」というカテゴリを設けてみた。その第一回目が、この「虎を愛した女/渡辺やよい」だ。


 その当時、会社を辞めた頃だ。
 何もかもがマンネリ化していた。つまらない毎日だった。そんな中、性欲だけが、ますます募っていった。
 といっても、自分の満足できるオナニーができないでいた。
 つまり、オナニーさえもマンネリ化していたのだ。
 私は、そんなつまらないオナニーを少しでも良くしようとして、自分の想像力を喚起し、熱く掻き立てる何かを探した。
 そんな時に出会ったのが、このレディース・コミックだった。

 レディース・コミックなんてその時までまるで興味無かったが、この際、何でも良かったのだ。
 そして、そうしていろいろと探しているうちに、久しぶりにいい本と出会ったと思ったのが、この「虎を愛した女」だった。

 ・・・

 「虎」はいつでも突然現れた。ひどく疲れて私を死ぬほどイカせて子供のようにこんこんと眠るのだ。
 私は何もしらない。虎! だんだん追いつめられていく……私はあの男の正体なんか知りたくない。
 私は……私は……この男を愛している! 
 激情に実を委ねる男と女。女は刑事、そして男は一匹狼の殺し屋……。互いの素性を知らぬままに二人の愛は深まってゆく。
 そして、男の正体を知ったとき、すでに女は身も心も男のものになっていた……。

 ・・・

 そんな紹介文にひどく引かれて、読んでみた。

 大人の男と女が描かれていた。大人のセックスが描かれていた。エロマンガというとロリコン趣味のものが多い中、この劇画チックの漫画は、大人のエロスが描かれていたのだ。
 私は、渡辺やよいが描く本の内容(物語)とその絵(画)を心から楽しんだ。こんな大人の男と女の関係、セックスに憧れさえもした。
 そして、久しぶりに良いオナニーができた。

 巷にごまんと転がっているセックス表現・媒体に飽き飽きしていたら、是非、ご一読して頂きたい一冊だ。

 

テーマ : エロマンガ・同人誌
ジャンル : アダルト

 それまで好調だったのに、突如として不安が湧き上がる。
 体が小刻みに震える。呼吸も荒くなる。顔が真っ青となる。
 神経症(ノイローゼ)とは、こんな病だ。

 働いている時、おまえは気が狂っている、と言われたこともある。

 症状が出ると、もうオナニーどころじゃない。エロス・官能を楽しむ余裕などなくなるのだ。

 このままじっとしていたら、本当に気が狂ってしまいそうだ。
 何かしなければ、と気が急く。
 だが、今、自分が何をしたらいいのかわからず、ただぼんやりと天井を仰ぎ、まずはこの荒い呼吸を整えようと気力を振り絞る。

 どんなに呼吸が苦しくても、天井を仰ぐと、何かが見えてきそうなんだ。
 自分が、次に何をすべきか。何となく、見えてくるんだ。何となく、感じるんだ。
 そうすると、少しだけ、気も楽になる。

 だが、回復するにはあとちょっと時間が掛かりそうなんだ。

 この萎えたペニス。貴女のその唇で優しく包み込んでほしい・・・。

 
 

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

sidetitleプロフィールsidetitle

和巳(kazumi)

Author:和巳(kazumi)
40代。男。

ブログの趣旨を変えて、官能・エロスを含め、その他思うこと感じることを自由に書き綴っていこうと思います。

当初の趣旨から外れてしまって申し訳ありません。
雑多な内容のブログですが、ご理解の上、お付き合い頂ければ幸いです。

アダルト記事としては、今は、「官能の美学」が中心となってます。

ご意見、ご感想、大歓迎です!
しかし、ブログの趣旨に反すると判断される書き込みについては、削除させて頂きます。あらかじめご了承下さい。
それでは、よろしくお願いいたします。

■リンクについて
当ブログはリンクフリーですが、リンクして頂ける際、アダルト記事もあることにご注意下さい。

■メールアドレス
kazumikishi131108gm★gmail.com
※★を@に変えて下さい。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleお勧めリンク1sidetitle
sidetitleお勧めリンク2sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle

きょうもいいてんきっ♪♪♪

アダルトブログ宣伝ブログ

愛ラブYOU

~ 艶 月 ~   

私の愉しみと内緒のお話し

アヤ 調教されてます

涼子のM日記

絵空事を徒然に。。。
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleアクセスカウンターsidetitle
sidetitleオンラインカウンターsidetitle
現在の閲覧者数:
sidetitleQRコードsidetitle
QR