FC2ブログ

小説とは心だ

奴の生き様
03 /02 2014
 友はみな、僕からはなれ、かなしき眼もて僕を眺める。
 友よ、僕と語れ、僕を笑え。

 笑われてもしかたがない。鵜のまねをする烏(カラス)。
 見ぬくひとには見ぬかれるのだ。

 ああ、友はむなしく顔をそむける。
 ああ、けれども友は、ただかなしき眼もて僕を眺める。

 おかしいか。なに、君だって。

 

                 「道化の華」太宰治より(編集あり)



 苦悩していた。

 必要な廻り道もある。
 いや、廻り道こそ必要なのだ。
 素直になるんだ。素直に従うんだ。今の自分に。
 今の自分の、”それ”が気になる感性・感覚に。


 小説とは心だ。心で感じるものだ。

 感性こそすべて。


 このブログを閉じなくてよかった。



 「学んで時にこれを習う、亦たよろこばしからずや。」(孔子)

 自分を豊かにするんだ。


 何とか、なる。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]