FC2ブログ

かわいい女

 「かわいい女だ」

 ・・・

 女が昇りつめる。男が果てる。

 二人は同時に逝った。

 男は、体をびくびくと震わせる女の唇に軽くキスをすると、ベッドから降りた。

 帰り支度をするのだ。

 女が、辛くも体力を振り絞って、男の後を追い、縋りつく。

 そして、男の前に跪いた。

 男は衣服を投げ捨て、威圧するかのように仁王立ちとなった。

 女が、男を見上げる。

 そこには、男の鋭い眼差しと、強靭な男の肉体があった。

 えらの張った顔。細身の体に、筋肉が隆々と浮き彫られていた。

 ああ・・・。逞しい・・・。

 女はその体に触れ、頬を擦り付け、唇を押し付けたい衝動に駆られたが、気安く触ると叱られそうな気がして、とどまる・・・。


 男は決して優しくはなかった。むしろ厳しかった。冷徹でさえあった。だが、時折、人間らしい純粋さを見せた。

 女は、そんな男に魅了されていた。

 子宮が感じていた。

 男の荒々しくも、男性的な力強さに満ちたセックスを思い出しては、一人、オナニーに耽ることもあった。


 「おちんちん、舐めてもいいですか?」

 女が、恐る恐る男に訊く。

 男は静かに頷いた。

 「ああ。いいぞ」

 男根と呼ぶに相応しい男の逞しく勃起したペニス。

 それは一度射精した後でも、力強さを全く失ってなかった。

 女は、口に含んだ。

 ああ・・・。大きい・・・。

 太い・・・。

 すごく硬い・・・。


 「かわいい女だ」

 男が、愛おしそうにフェラチオ奉仕する女の頭を撫でながら言う。

 「好きなの・・・」

 「この好きものめ」

 「そんなこと言わないで・・・」

 言って欲しい・・・。もっと私を口汚く罵って。もっと私を辱めて・・・。

 あなたの言葉と、あなたの力で・・・。

 ・・・。


 「四つん這いだ」

 「はい・・・」

 男が奉仕の途中で言う。

 女は素直に従い、床の上にバックから突かれる格好となった。

 「あううっ・・・!」

 男は何の前ぶれもなく、女陰を貫いた。

 男らしい・・・。ああ・・・。強い・・・。


 「かわいい女だ」

 男は三度、そう口にした。

 だって・・・。

 好きなの・・・。好きなの・・・。

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

打擲

 まだ日の高い時刻だった。

 「姦るぞ。脱げ」

 男は、貴女(あなた)を自分の部屋に連れ込むなり、そう命じた。

 貴女(あなた)は従い、そそくさと服を脱ぐ。

 男は、ネクタイを外したスーツ姿のままだ。

 男は、貴女(あなた)が全裸になるのを確認すると、窓から差し込む日の光に照らされ羞恥にもじもじしている貴女(あなた)の体を、ベッドの上へ突き飛ばした。

 「四つん這いになれ」

 「足を大きく開け」

 「尻を高く突き上げろ。メスまんこがよく見えるようにだ」

 貴女(あなた)は従順に従う。

 貴女(あなた)は、獣のオスの前に自らの女陰をさらけ出す、女として最も恥ずかしい格好となった。

 「もう濡れてるぞ。淫乱な女だ」

 男が言い、自分の上着とYシャツを乱暴に脱ぎ捨てた。

 上半身裸となった男は、貴女(あなた)の両の尻肉をがっちりと掴み、強引に押し広げた。そして、女陰に喰らいつき、貪りついた。

 何の技巧もない、獣の女陰責め(クンニリングス)。

 男の獣のように吐く熱く荒い息が、女陰にかかる。

 熱い舌と唇が、クリトリス、女陰、女陰と尻の穴の間、そして尻の穴、両の柔肉、さらには内腿までをも、縦横無尽にむしゃぶる。舐め回す。嬲り尽くす。

 貴女(あなた)はすぐに追い詰められた。

 「ああっ・・・、すごいっ・・・。だめ・・・、逝く・・・」

 そう貴女(あなた)がか弱く発した時、男の手加減のない打擲が尻肉に飛んだ。

 「逝くな。我慢しろ。いいな?」

 「はい・・・」

 だが、男の獣じみた女陰責めは、何度でも貴女(あなた)を追い詰める。

 貴女(あなた)は、シーツを強く噛みしめて、女陰への蹂躙に耐える。

 男は、貴女(あなた)が逝きそうになると、獣の勘でそれを察し、容赦なく柔尻を打ち据える。

 逝きそうになる度に打ち据えられる貴女(あなた)の尻。その度に溢れ出るメスの汁・・・。


 「あうっ・・・」

 男が、唐突に凶器のような中指を女陰の中に突き入れた。

 男は、逃れようとする貴女(あなた)の尻を押さえ込み、女陰の中を乱雑にかき回す。ずぼずぼと貫く。

 男の容赦のない中指責めと指ファック・・・。

 やがて、その指は人差し指との二本となった。

 「逝くうっ、逝かされる・・・。どうしても・・・」

 ああっ、逝くうっ・・・、逝っちゃう・・・。


 ゆるして・・・。ああ・・・。


 男の執拗な女陰責めに、貴女(あなた)の頭の中が真っ白になった。

 貴女(あなた)の四つん這いの体が、びくびくと大きく震えた。

 「逝ったな?」

 「仕置きだ」

 どこか遠くから男の声がしたかと思ったその瞬間、男の逞しい男根が、貴女(あなた)の女陰を一気に貫いた。

 貴女(あなた)の意識が、また、遠のいた・・・。

覗かれた一人の夜

 デパート、女子トイレの個室の中で、女が犯されていた。

 立ったまま、男は女の片足を抱き上げ、力強く腰を突き上げる。

 女は、男の強い腰の動きに、声を噛み殺して必死に耐えている。

 男と女の激しい息遣いは、個室の外まで響いていた・・・。


 「やっぱり最高だ。あんたのおまんこ」

 「あんたの彼氏が羨ましいぜ」

 「彼氏以外にもこの最高のおまんこで、男たちを喜ばせてるんだろう?」

 「言わないで・・・」

 「それで、昨夜は何を想像してオナニーしたんだ?」

 女が首を振る。

 「言えよ」

 「いや・・・」

 男が、命令に逆らう女に仕置きを喰らわすように、いっそう突き上げを激しくした。

 女の体が、ロデオのように踊る。

 「いや・・・、いや・・・」

 いや・・・、いや・・・。


 ・・・・・・


 「あんた、本当にきれいだな」

 デパートの家具売り場で商品を見ている時、背後から不意に声を掛けられ、女はハッとして振り返った。

 男は、女の反応を楽しむように、野卑にニヤついている。だが、その目は決して笑ってはいず、危険な光を帯びていた。

 「そのエロティックな格好。ますます惚れそうだ。全身からエロフェロモンが出てるぜ」

 セックスを匂わせる男の言葉。

 男は、無遠慮に女の全身を眺め回す。視姦するように・・・。


 「しっかり見せてもらったよ。昨夜のあんたのオナニー」

 「だけどあれはもうオナニーじゃない。セックスだ。一人セックスだ」

 「まるで、レイププレイを楽しんでるようだったぜ」

 女がたじろぐ。

 「何を言ってるんですか?私は・・・」

 と言いながらも、女の脳裏に蘇る昨夜の自慰行為・・・。


 ・・・自分を生け捕りにし、取り囲む複数の男たち。いずれも屈強な肉体の男たち。その男たちによって身ぐるみ剥がされ、様々な辱めを受ける自分・・・。


 「すごくいやらしかったぜ。昨夜のあんた。帰ってからあんたを思い出して三回もオナニーしちまったよ」


 ・・・男たちの辱めの言葉。罵声を浴びせられる自分。

 『こんなにぐしょぐしょに濡らしやがって。相当な淫乱だぜ、このメス女』

 『何人のチンポを咥えたんだ?このおまんこに』

 『望みどおり、俺たちがたっぷり犯ってやるよ。その淫乱な体をな』・・・


 「それで我慢できなくて、こうしてあんたをつけてきたんだ」


 ・・・乱暴に扱われる体。奪われる唇。そして、女陰にも手が伸び、やがて、いきり立った男根を傍若無人に挿入されて・・・。

 『もっと鳴いてみろ!こんなにメス汁垂らしやがって』

 『おまえが欲しかった極太チンポだ。たっぷりと咥えろよ』

 『逝け!もっとだ。今夜は気が狂うまで逝かせてやる!』

 あそこにも、口にも、男たちの猛々しい男根がぶち込まれ、死ぬほど逝かされ、鳴き狂わされた昨夜・・・。

 
 「もうやめて下さい。私は・・・」

 男は、女の言葉を遮って言った。

 「あんたの体を味わってみたくてな」

 男からニヤケ顔が消え失せた。男の目が欲望にぎらぎらと光った。

 「犯らせろよ」

 男が冷徹に言い、逃げようとする女の腕を掴んだ。女の拒絶の言葉を無視し、女の腕を強引に引っ張り、そのままフロアの奥へと向かっていった。


 ・・・・・・


 男が便座に腰掛け、女に男根をしゃぶらせていた。

 男はついさっき、女の中に精液を放ったばかりだった。

 男は、女にさらなる屈辱を与えたのだ。それが男にとって快感だった・・・。

 男が、一心不乱にフェラチオ奉仕する女の後頭部を強く押し、男根をいっそう深く女の喉奥へと捻じ込んだ。

 女が苦しげな喉音を立てる。男の征服快感がさらにつのった。そして・・・。

 「出すぞ。全部飲めよ」

 女がこくりと頷く。

 「いい女だ。俺のものにしたい。・・・ううっ、出すぞ出すぞ」

 男が、女の喉奥に勢いよく射精した。女が、男根を咥えたまま、ごくりごくりと喉を鳴らして飲み込む。

 この征服感に、男は酔いしれる・・・。


 「たっぷり堪能させてもらった。また楽しもうぜ。よろしくな」

 男は、ズボンを履き直すとそう言い残し、個室から去っていった。

 「いや・・・、いや・・・」

 いや・・・、いや・・・。

征服

 ベッドに投げ出された貴女(あなた)の体を、男の手が捕える。

 男は、貴女(あなた)の体を力任せに抱きすくめ、貴女(あなた)の唇を強引に奪う。両の乳房を荒々しく揉み立て、しだく。

 蹂躙されるがままの貴女(あなた)に、男の征服欲が目覚める。男の全身の筋肉が熱く漲り、逞しく勃起した男根がいっそう力を増す。

 貴女(あなた)の女の肢体とメス声が、その欲望に火を点け、煽る・・・。


 男がおもむろに立ち上がり、仁王立ちとなった。

 貴女(あなた)の目の前に、自らの男根を堂々とさらす。

 「舐めろ」

 「いや・・・」

 貴女(あなた)は、首を振って男の命令に抗う。

 しかし、男の傲慢な口調と態度に、貴女(あなた)の中の女が、貴女(あなた)の意志とは裏腹に、刺激されていた。

 男が、貴女(あなた)の口に強引に男根を捻じ込んだ。

 男の欲望に火が点いた強制フェラチオ。

 男の圧倒的な強さに屈服する女が、そこにいた。

 男は、貴女(あなた)の口唇を女陰のように扱い、犯す。容赦なく、喉奥まで勃起した男根を突き入れる。

 「うっっ、んんっ、んふうっ・・・」

 貴女(あなた)の苦悶の表情に浮かぶ涙に、男の征服欲がいっそう燃え上がる・・・。


 不意に、男が、貴女(あなた)を離し、貴女(あなた)の体をベッドに突き倒した。

 男が、貴女(あなた)を冷たく光る目で見下ろす。

 「おまえはおれのものだ」

 男が手にしたものは、拘束具。

 身も心も征服された貴女(あなた)の体に、男の手が再び伸び、がっちりと掴んだ・・・。

強情張ってばかりじゃいけない

 男が、女の頬を引っぱたいた。

 女が、恐る恐る男の方を見る。

 「なぜおれが叩いたかわかるか?」

 「・・・」

 「自分に素直にならないからだ」

刻印

 「来い。女にしてやる」

 部屋に入るなり、男は、貴女(あなた)の後ろ髪を鷲掴み、ベッドへと引き立てていった。

 そのまま貴女(あなた)は、ベッドに放り出された。

 パンストが破かれる。パンツが引き抜かれる。

 男は自らも脱ぐと、貴女(あなた)の足首を掴み、強引に押し広げた。逞しく勃起した男根を、貴女(あなた)の女陰にあてがった。


 「私のおまんこにぶち込んで下さいと言うんだ」

 男の傲慢な口調。一方的な命令。その目が、従えと貴女(あなた)を睨んでいる。

 貴女(あなた)がか細い声でその言葉を口にする。

 「何?聞こえないぞ。もっと大きな声でだ」

 貴女(あなた)は、再び従い、口にする。

 「もっとだ!」

 「私に・・・、ぶち込んで下さい!」

 その瞬間、熱い男根が、貴女(あなた)を打ちのめした。

 「おまえに、おれを刻み込んでやる」

 男が力強く言い、突き入れた男根をゆっくりと引き抜くと、とどめを刺すようにさらにもう一撃を打ち込んだ。

 「過去の男を全部忘れさせてやる」

 獣のファックが始まった・・・。

準備

 「今すぐにだ。いつもの場所で。エロい格好して来いよ」

 「・・・そんな用事キャンセルしろ。・・・。だめだ。来い」

 「わかったな?」


 男は、女の返事も待たずに電話を切った。必ず来るという確信があった。

 腕時計を見る。セックスするにはまだ早い時間だが、何、構うものか。

 男はふと思い立ち、服を全部脱ぎ捨て、全裸になって鏡の前に立った。

 鍛え抜かれたしなやかで、鋼のような肉体がそこに映る。

 男の肉体は、闘争と女を犯すための道具。その筋肉は、男の力への意志と強さの証。

 男は、既に隆々と勃起している自らの男根を、強く握りしめた。

 この目が、これから貴女(あなた)の身を震わせる。この肉体が、貴女(あなた)を犯す。この男根が、貴女(あなた)を幾度となく貫き、打ち殺す・・・。

 男の隆起した筋肉が、貴女(あなた)への欲望にますます漲って映った。

 「よし、行くか。お楽しみの時間だ」

 男はYシャツを着、ズボンを履くとベルトをきつくしめた。ネクタイはせず、そのまま上着をはおる。

 男は、ネクタイを上着のポケットに放り込んだ。貴女(あなた)の手首を縛りつけるために使う小道具だ。

 「たっぷり犯ってくるぜ」

 男は靴を履くと、誰もいない部屋に向かってそう告げ、まだかすかに日差しの残る街へと消えていった。

何も心配いらない

 貴女(あなた)がそっと、男に身をゆだねる。

 男はその体をしっかりと抱きしめ、貴女(あなた)の耳元でささやく。

 「大丈夫だ。何も心配いらない。いつでもおれがついてる」

 貴女(あなた)を抱く腕に、より力が込められた。

輪姦の森

【輪姦】複数の男が、次々に一人の女を強姦すること。
「大辞林」(三省堂)


・・・


屈強な男たちが、貴女(あなた)の体を取り回して遊んでいた。

深い森の中で繰り広げられる、男たちの最も楽しい遊戯。


「おれに寄こせ」

「おれもだ」

「おれにもやらせろ」

貴女(あなた)は、その味を試されるように乱暴に唇を塞がれ、体をまさぐられる。

男たちの腕から腕へと。倒れ込みそうになりながら。

貴女(あなた)の体が、玩具のように扱われる。

時に抱き込まれ、時に乳房を揉み立てられ、時に女陰をいたぶられて・・・。

男たちが、代わるがわる貴女(あなた)を廻して遊ぶ。


やがて、一人の男が貴女(あなた)の乱れた衣服を全て剥ぎ取った。

貴女(あなた)は、男たちの輪の中に突き倒された・・・。

「エロくていい女だ。たっぷり楽しませてもらうぜ」


既に遊戯は終わり、男たちの本気へと変わっていた・・・。


男が、貴女(あなた)のバックからいきり立ったペニスをぶち込む。

別の男が前から近づき、貴女(あなた)の髪を鷲掴む。

貴女(あなた)の顔が引き上げられ、逞しいペニスが口の中に入れられる。


その光景をガン見する男たちの目が、欲望にいっそうギラギラと輝いた。

「次はおれの番だぜ」

貴女(あなた)の体が、激しく揺れた・・・。


男たちに容赦はなかった。

一人が射精しても、また別の男が来る。

繰り返されるファック、ファック、ファック。そしてまた、ファック・・・。


貴女(あなた)のこらえる姿と声が、男たちの欲望をさらに煽った。

二回目の射精を終えた男が言った。

「あそこも口もいい。たまらなくいい女だ。一日中勃起が収まりそうにないぜ」


その言葉が、貴女(あなた)の耳に悲痛に響いた。

平和な森の中で・・・。

男が、貴女(あなた)の頬をはたき、貴女(あなた)は床に崩れ落ちた。

男が、貴女(あなた)を見下ろす。

貴女(あなた)は、男を見上げる。

男の肉体が逞しい。男らしい力強さに漲った肉体。男の自信に満ちた肉体。

自分を叩いたその手にも、男らしさを感じた。

その肉体と目が、貴女(あなた)を見下ろす。


「おれの言うことが訊けないのか」


「・・・」


「ならば帰る。もう会うことはない」


男は服を着直した。


貴女(あなた)は、部屋から出て行こうとする男の背に追い縋った。

男は、何度も縋りつこうとする貴女(あなた)の頬をはり、腕を振り払う。


やがて、男が貴女(あなた)の方に向き直った。


「訊くんだな?」


男の目が冷たく光る。

貴女(あなた)は、男の支配の言葉に静かに頷き、跪いた。

男がズボンのジッパーをゆっくりと下ろす。

目の前に差し出されたものは、逞しく屹立していた。まるで、男の肉体のように。


貴女(あなた)は、目を閉じ、それを口に含んだ・・・。

sidetitleプロフィールsidetitle

和巳(kazumi)

Author:和巳(kazumi)
40代。男。

ブログの趣旨を変えて、官能・エロスを含め、その他思うこと感じることを自由に書き綴っていこうと思います。

当初の趣旨から外れてしまって申し訳ありません。
雑多な内容のブログですが、ご理解の上、お付き合い頂ければ幸いです。

アダルト記事としては、今は、「官能の美学」が中心となってます。

ご意見、ご感想、大歓迎です!
しかし、ブログの趣旨に反すると判断される書き込みについては、削除させて頂きます。あらかじめご了承下さい。
それでは、よろしくお願いいたします。

■リンクについて
当ブログはリンクフリーですが、リンクして頂ける際、アダルト記事もあることにご注意下さい。

■メールアドレス
kazumikishi131108gm★gmail.com
※★を@に変えて下さい。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleお勧めリンク1sidetitle
sidetitleお勧めリンク2sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle

きょうもいいてんきっ♪♪♪

アダルトブログ宣伝ブログ

愛ラブYOU

~ 艶 月 ~   

私の愉しみと内緒のお話し

アヤ 調教されてます

涼子のM日記

絵空事を徒然に。。。
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleアクセスカウンターsidetitle
sidetitleオンラインカウンターsidetitle
現在の閲覧者数:
sidetitleQRコードsidetitle
QR