FC2ブログ

濡れる言葉(ソフト編)

category - 写された女(仮) 4 0

  • 2019/04/07 19:44
  • テーマ:エログ - ジャンル:アダルト



     「Hの時女性が言われて嬉しいセリフ」なるテーマ・記事を検索するとまあいろいろ出てきますね。
     Shyさんの掲示板でもそんな心理テストやってましたよね。
     一通り閲覧し、今回、自分なりにまとめてみました。
     出典のサイトやブログ、いろいろあり過ぎて書き切れない(笑)
     それらの中で、男の私がこれなんかいいんじゃないかなって思ったセリフなんかをベースに、かなり加工・修正・編集して今回の記事にしてみました。

     そこで、どうしても外せないのが、名前(女性のね)。
     で、仮に、本記事では、「恭子」としてみました。
     最中、ずっと名前だけ連呼してればいいかな、とも思ったんだけど(笑)、それだと何か書いてて面白くなくて・・・。
     ※男は別に名前要らない(笑) あ、でも、男も最中に名前言われるとけっこう興奮するかも。
     シチュエーションとか見て読んで下さる皆さんのご想像にお任せしますね。

     さて、どうかな・・・。


     

     

    続きを読む

    スポンサーサイト
    [PR]

    [PR]

    ランジェリーの女

    category - 姦なる思い... 0 0

  • 2019/04/06 17:23
  • テーマ:エログ - ジャンル:アダルト



     はじめてだ。こんないいのは。きみが女陰の気持ち良さ。
     支配するつもりが、これじゃ支配されてしまう。
     男根喜悦に涎を垂らし、我慢も限界、すぐ逝きそうだ。


     出そうだ。うっ、これ以上、、良すぎる。

     うっ、、もう、、、だめだっ・・・。

     中に、、中に、、出すよ・・・。


     


    続きを読む

    彩の寝室

    category - 官能の女 0 0

  • 2019/03/23 13:59
  • テーマ:エログ - ジャンル:アダルト



     ここでもちょっと紹介してますが、その肉迫するエロスを見るにつけ、やはり一つの記事として取り上げたくなりました。
     既に閉鎖されたサイトなので、管理者様の意志に反するかな、とも思いつつ、しかし、いいものはやはりいい。
     私としても是非、見てみて頂きたいのだ。
     
     しかし、閉鎖・更新されてないとは言え、全てのコンテンツの著作権は管理者様にございます。
     ご関係者様、お気づきになられましたら、恐れ入りますが、コメント欄にてお知らせ下さい。
     すぐに対応させて頂きます。

     それを踏まえた上、「続きを読む」から、「淫らなあやのベッドルーム」様より、現在も辛うじて見れるページを直リンクさせて頂いております。
     残念ながら、所々抜け落ち、全部は見れません・・・。
     だがそれでも、彼女の官能感・女の悦び・女の幸せ、そんなものが充分に伝わってくるはずだ。

     

    続きを読む

    私の快楽主義

    category - Egoist 2 0

  • 2019/03/22 00:31
  • テーマ:エログ - ジャンル:アダルト



     恋愛のし過ぎなんだよ。
     いわゆるデートだとか、一緒にレジャーを楽しむことに夢中になって、仲良しになってしまう。
     それじゃ友達だ。友達の延長線上のセックスになってしまう。
     下手すりゃ兄妹みたいな関係になってしまう。
     要は、相手の前でおならとかしてもまるで平気な関係になってしまう(笑)

     私は、若い人たちには、いっぱい青春を楽しみ謳歌してほしいと思っているが(と言うのは私自身がそんな青春なかったからね)、あんまりそれが多いと、男と女の関係でなくなってしまう。
     男と女の間にある緊張感が薄れてしまうのだ。

     そのために、適度な距離感が必要だ。あえて、距離を置くんだ。

     男がセックス抜きに女に寄り添う時というのは、その女性が悩んだり苦しんだり不安感(鬱感)を感じてる時だ。
     女性は、気持ち・心の浮き沈みが大きいものだ。
     特に沈んだ時はどん底までだ。

     だから、男はそんな時、寄り添い黙って話を聞いてやれ。そして泣き崩れるようであれば、男らしく力強く抱きしめてやれ。
     間違っても、一緒になってメソメソしたり、お説教とか下手に勇気づけたりするんじゃないぞ。アドバイスも要らん。武勇伝なんて論外だぞ(笑)
     黙って、しっかりと聞くだけでいいんだからな。

     

    続きを読む

    Mの悲劇(第二章)

    category - 写された女(仮) 0 0

  • 2019/03/18 19:45
  • テーマ:エログ - ジャンル:アダルト



     別に私は、きみを苦しめるつもりはないんだ。
     ただ、きみの女があまりに美しく、艶めき、誘うから、私の中の男がきみを欲してやまないのだ。
     こんな私を、許してくれるか・・・。

     


    続きを読む

    Mの悲劇

    category - 写された女(仮) 2 0

  • 2019/03/16 17:41
  • テーマ:エログ - ジャンル:アダルト



     私は、女心を書くことができない。女の言葉(セリフ)も書けない。
     何故なら、私は、男だからだ。
     いろいろと小理屈並べ、妄想も想像もするが、それはあくまで机上でだ。
     寝室、ベッドでの実体験ではない。
     いわば理想の真実論だ。

     だが、今回はそれを試みてみた。

     私がいつも思うのは、見て下さる方々には、是非とも、自由な感性、自由な感覚で見て、読んでほしいということだ。

     だから、真実の程は、見て下さる皆さんの自由に委ねる・・・。

     

    続きを読む

    悪徳の栄え...

    category - 姦なる思い... 6 0

  • 2019/03/10 05:15
  • テーマ:エログ - ジャンル:アダルト



     三島由紀夫が割腹自殺を遂げ、1970年代が始まった。
     三島が怖れていた時代が到来したのだ。
     高度経済成長期真っ只中。
     繁栄の裏で、笑う者と失望する者。持つ者と持たざる者。資本家と底辺。
     もはや戦後ではない、とは一部の者たちだけの言葉であり、他の多くはまだ戦後をずるずると引きずっていた。

     私はその頃生まれた。
     まだデジタル化されてない子供たちの遊びは、ただひたすら外を駆け回るだけだった。
     大人たちの深刻な生活不況のあえぎをよそに、子供たちにとっては栄光の時代だった。

     もしかしたら、人生の最も幸せな時期というのは、もうすでに子供の頃に享受されているのかもしれない。

     そして、夜は、男と女が乱痴気入り乱れていた時代でもあった。
     エロ、グロ、ナンセンス。そんなものをテーマにしたいわばB級文化が流行り始めたのもこの頃だ。
     トルエン、覚醒剤が一般家庭の中にまで入り込んだ。
     出世する者、落ちこぼれる者。夢を追う者、目標を見失う者。
     暴走族、全共闘、若者たちは荒れに荒れ、その時子供の私にとって、大人たちの世界を見るのは何となく怖かった。

     左翼全盛期だった。
     日本は侵略国家の悪者たちの国であり、アジアに頭を下げ、アメリカ文化、アメリカ主義、アメリカ型が浸透した。
     作家では大江健三郎、映画では大島渚がこの時期の若者たちの苦悩をよく表しているような気がする。

     日本軍が完全に自衛隊となり、本当に平和になったのだろうか・・・。


     性欲は完全に男のものだった。男だけのものだった。
     女性には決して許されない。
     それがこの時代の性欲だった・・・。

     

    続きを読む

    ネオ・サディズム

    category - Egoist 0 0

  • 2019/03/08 21:33
  • テーマ:エログ - ジャンル:アダルト



     いい女は、いい男にこそ抱かれるべきだ。そして男はいい女を抱くべきだ。
     そこに女としての幸せがある。男としての快楽・快感がある。
     それを妥協すべきじゃない。

     



     金と色と食の欲望に憑りつかれ、いやらしくにやけたスケベ男になんて抱かれちゃいけない。

     寂しさや孤独をすぐ口にし、涙を見せたがる男もいけない。
     そういう男性は一見優しく善良でいい人で、女性の母性本能をくすぐるが、いざという時、本性が出る。
     子供じみたわがままさ。寂しさ故に愛をねだってだだこねる。目先の欲望に目が眩む(要は浮気だ)。
     彼らは口だけは達者だ。理屈をいろいろこね回すのが上手い。だがそれは行動を伴わない。口だけだ。
     結果、女性を不幸にしてしまう。

     女性の母性本能とは、幼い子供に対してあるものだ。

     だけど、もしきみが今、そんな女々しく寂しさを簡単に口にするような弱い男であったとしても、大丈夫だ。
     これから強くなればいい。男らしく、逞しくなればいい。
     そのために、仕事を頑張り、社会に揉まれて肉体と精神を磨くんだ。
     女を愛するのには、そういう力が必要なんだ。
     そして、大事なのは、そういう気持ちを持ち続けることだ。諦めてはいけない。

     自分の女を本気で愛するためにね。


     そして、自分が変わり、世界が変わった時、狼の如く、女を抱くがいい。


     

    続きを読む

    午前2時(男編)

    category - 詩と小説の間 0 0

  • 2019/03/07 17:38
  • テーマ:エログ - ジャンル:アダルト



     剛直の棒 覚えあり
     幾夜ともなく 貫かれ
     心あらわに 乱れし日々 今蘇り...

     



     女編はこちらから。特に脈絡ないけどね・・・。

    続きを読む