FC2ブログ

負け犬

エゴイスト
11 /20 2017
 人生投げたら負け犬だ。自分を放棄したら負け犬だ。エロスを諦めたら負け犬だ。

 そんな男は絶対にモテない。セックスできない。オナニーだって、やがてできなくなる。ついにはつまらん人生が待っている。

 負けることが負け犬ではないんだぜ。
 むしろ、そんな負けの試練を多く経験することこそ、男の存在感をつくる。自信ってやつだ。おれは他の男より厳しい試練を生きている。そんな自負心が自信だ。
 男は勇気を持って試練に臨め。無論、私も付き合う。カッコ悪くていい。わかってくれる女はいる。

 勝たなくていい。負けなければいい。
 っていうか、安易に勝ちを望むな。明らかに勝ちが分かっているような試合ばっかりするな。むしろ、万全を期して負けるかもしれない試合にいざ臨むんだ。
 負けたとしても、それで自分を諦めたり、人生投げたり、要は、世間っていうものに自分が負けなければいい。

 私自身の経験談なんかはこの際省く。コツだけ書いておこう。

 一年以内に実現可能な、何でもいい、自分のやりたいことを持つんだ。ハードルは多少高めがいい。何とか頑張ればできるかもしれないというレベルだ。
 それが希望となる。夢とか大それたものじゃなくていい。希望だ。その希望の光が、人をして生かす。
 それが何とか7、8割だけでも実現できれば、また次のやりたいことが自ずと見えてくるはずだ。


 自分のやりたいことがみつからない?わからない?
 見つけろ。見い出せ。頼むから。夢とか将来とか大金だとかそんな大それたこと言ってるわけじゃない。
 例えば、ブログをつくってみるとかどうだい?
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

傷ついた時

エゴイスト
11 /13 2017
 傷ついた時の対処法は、ない。
 身も蓋もない言い方で申し訳ないが、やはりないんだ。特に男の場合はね。
 せいぜい、いっぱい寝ることくらいか。寝ることで少しは気持ちも和らぐだろう。但し、寝られればの話だが。

 女性であれば、好きな男性に思いっきり抱かれてくれ。だが、相手構わずはだめ。くれぐれも。それ以上傷ついてどうする。

 あとは、ひたすら待つんだ。
 失われた自信やモチベーション。否定された人格。裏切られた信念や行動。
 そんなものから心が回復し、再び立ち上がれるのを。仕事があるなら、その間、低く飛ぶんだ。限りなく低く、低く。

 酒や薬、友人や女(風俗)に頼るのもいいだろう。と言うより、仕方ないか・・・。
 だけど、それで果たして解消できるかな。
 私が今よりずっと若い頃、そうだった。そういうことを続けて私は身を持ち崩し、挙句の果てにパニック障害となった。若気の至りとは言え、その代償は高くつく。私はその悪い見本だ。社会復帰に10年かかり、その間、女も金も何かの楽しみも何にもない人生だ。まるで刑務所にいるみたいだよ。


 40代でそれをやってはいけない。人生、もはや取返しがつかなくなる。そんな人も見てきた。
 40代だって傷つく。50代だって、70代だって、100歳だって傷つく。人間には心があり、生きてる以上やむを得ない。青春時代だけじゃないんだ。人間は一生思春期だ。
 誰も助けちゃくれない。そんな時に有効なマニュアル本なんてのもない。悩める時はひたすら一人だ。孤独であり、世間からの孤立も感じる。だが何、それはきみだけじゃない。僕だってそうさ。


 そう。きみだけじゃない。僕だってそうさ。
 

I love me

エゴイスト
10 /23 2017
 いったいおれは何のために働いている? こんなことしていったい何になる? そもそもおれは何のために生きている?

 時々、こんなごく軽い鬱状態になる。希望が見えない。女。確かに私は女(セックス)のために生きてるが、それもどうでもよくなってくる。
 自分について悩むなんて、よっぽどおれは自分のことが好きなんだな(笑)


 エロスで人は生きれるか?
 答えはYesだ。というより、Yesでなければならない。エロスを諦め失った人間は、ただのつまらんおじさんおばさんになる。
 生涯現役であるためには、生涯エロくなければならない。

 幸せ論はよくわからん。
 私は、我を忘れる程の快感セックスをしたいと思っているが、それが実現できたとして、果たして幸せかどうか。
 エロスの実現と幸せとは全然違うと思う。幸せかどうかってのは、恐らく世間の定義・物差しであり、世間が決めることなのだろう。
 エロスとは恍惚だ。


 今更夢を見、夢を語る年齢でもあるまい。
 であれば、一年以内で実現可能なことを目指す。すると何となく目の前に希望が見えてくる。私の場合はとにかくお金を貯めて引っ越すことだ。
 そのためには仕事を頑張って、毎月ちょっとずつでも貯金して、今から不要なものを廃棄・整理して・・・、やることはいっぱいさ。


 それから、余計なことは考えるなよ。頭の中から追っ払うんだ。自分を愛するあまり、真相曰く「不可解」となるなよ。死ぬぞ。ナルキッソスのように。


 雨続き。だけど、恐らく今日までの辛抱だと思う。明日からまた晴れるさ。頑張って!

Masochist

エゴイスト
10 /18 2017
 ドMである。
 女は、強い男に征服されたくて、自分の体により磨きをかける。より美しくなろうとする。
 女性の健康と美は、男(セックス)のためにある。

 


 安井友梨さんのビデオはYoutubeにたくさんあります。その美しいボディ、是非、見てみて下さいね。

落ち込んだ時

エゴイスト
10 /12 2017
 仕事で落ち込んでる時、あるいは仕事で疲れ切ってる時、女性と会ってはいけない。自分も相手も満足のいくセックスができないからだ。
 そういう時こそ、彼女に会いたいのはわかるが、そこをぐっとこらえるんだ。
 女性はいろいろと慰めてくれるかもしれないが、そんな女性の優しさ・母性に甘えていてはだめだ。そんなところに男が気持ちよさや癒しを感じてたらいけない。

 女性と会う時は、身心ともにベストのコンディションで臨むべきだ。でなきゃ、男として最高のパフォーマンスを出すことができない。
 セックスは男の女性に対する真剣勝負さ。弱気になっていたり、疲れてたりしては、その勝負、負けるぞ。セックスにおいて、女は手強いからね。

 仕事で落ち込んだら、それはやはり、仕事で挽回するんだ。いや、挽回なんて力まなくてもいい。いつも通り、一生懸命働くのさ。
 そうして乗り越えた暁には、さらに一段男としての存在感・自信も高まるというもの。自分との戦いにおける勝利さ。
 そして勝利したら、思いっきり女を抱くがいい。

 

衆議院議員選挙

エゴイスト
10 /12 2017
 私は自民党に入れるよ。だって他にいい政党ないんだもの。
 私は政治に全然詳しくないんだが、民進党って、要は民主党だろう? 東日本大震災が起きた時、政権を取っていた党だろう? で、極端に左翼寄りの党だろう? つまり、日本よりも韓国、中国万歳な党だろう?
 そんな政党嫌だよ。


 民主主義ってのは、アメリカのような多種多様な民族、宗教、文化圏の国で有効に働く方法論だと思う。
 即ち、自分の生き方やあり方を主張し、しかし、他の人たちの生き方あり方もしっかりと聞く、相手の価値観もしっかり聞くのが民主主義だ。
 単一民族の日本でそれやったら、単なる損得勘定に成り下がる。要は金銭的利益だ。で、そんな政治は低俗だ。損得勘定、金儲けは民間でやるべきだ。それこそ自由にやればいいと思う。

 政治家の仕事は、国民を飢え、寒さ、外敵からの攻撃から守ることだ。何故なら、人間もまた動物。この自然界に生まれたその瞬間から、飢え、寒さ、外敵からの脅威に自分の命を晒されるからだ。
 そのために金が必要なら、税金高く徴収してもいい。但し、ちゃんと仕事しろよ。無駄遣いすんなよ。自分が政治を利用して金儲けしようとすんなよ。

 あとはもう、日本人なら日本人らしくあろうや。だって、日本人なんだからさ~。

 もうずっと昔の話だが、こんなことを聞いたことがあるよ。

 「あなたが私の国の正当性を主張してくれることについて、その主張には賛成する。しかし、私はあなたを人として信用しない。何故なら、自分の国の味方をしない人間なんて信じられないからだ」

セックス

エゴイスト
09 /21 2017
 私は、身長165㎝、体重60kg、体脂肪率15%である。因みに、胴長短足で、仮性包茎だ。あと年齢は43歳だ。
 良くも悪くも、これが事実だ。私のルックス的事実である。
 私は、ジーンズとTシャツでモテない奴は、何を着ようが結局モテないと思っている。

 男の本意は、性行為において女性を満足させられるかどうかだと思っている。そこに身長など全く関係ない。

 必要なのは、男性的な存在感だ。私は、それがセックスの7割を占めていると思っている。要は、女性は、好きな男になら何をされても感じるものなのだ。
 それどころか、行為の前から快楽は始まっている。
 意識しようがしまいが自分が抱かれたい男と接する時、女性の脳内にエンドルフィンという麻薬物質が分泌され、それが自然と会いたいという気持ちにさせるのだそうだ。女心が目覚め生きる時だ。

 もちろん、女性が男に何を求めようが、それは自由だ。高身長、高収入、高学歴の、要は高ステータス。男性にそういう社会的価値を求めるのであれば、私は最低ランクだ。無視されるべき存在だ。

 だが、女の本能は理性よりも強いのだ。その感覚の繊細さ・鋭さ・中でも嗅ぎ分ける感覚は、男性の100倍以上だ。
 男の射精直前のあの我を忘れる程の快感。それが女性はセックスの間、ずっと続くと思っていい。
 但し、そういう存在感のある男性であればの話だ。
 

外敵

エゴイスト
08 /31 2017
 そもそも女性にとって、男とは外敵だ。
 男は女を狩り、女は男に狩られる。それが男と女の本来の関係であり、要は自然の摂理であり、即ち、性欲だ。人間もまた動物ってことさ。女性は観念してこの事実、その運命を受け入れるしかない。
 それを男女間の友情だの恋愛だの結婚だの、無理矢理理性の関係にしようとするから、セックスが白ける。

 ・・・。差別かな・・・。だろうな・・・。

 きみはオナニーする時、何を想像している?男はそれと真逆のことを想像してるよ。そしてそれが、性欲の正体だ。
 男と女が同等であってセックスは成立しない。できてはしまうが、性欲は満たされない。
 女性にとって、男は外敵であり、ペニスは女を狩る道具さ。

 だがそこに、官能を感じないかい?性欲を感じないかい?自分の中の女を感じないかい?
 
 
 ※映像、例によって、記事内容とあんまり関係ないです(笑)
 

 川村ゆきえの映像は、ここここにも。また、こちら(GYAO!)でも。

姿勢力

エゴイスト
07 /28 2017
 姿勢が良い、姿勢を正すってことは、自分の性器の強さを誇示するってことなんだ。
 おれは自分のペニスに自信を持っているぞ、とね。
 要は、正しい姿勢とは、セックスアピールなんだ。それも最大のセックスアピールだ。

 女性も同じだよ。姿勢を正すことできみの胸を美しく演出・アピールできる。それだけでなく、本当に実際に美しくなるんだ。背筋がつくからだ。

 このブログをご覧になっているみんなは、是非、胸を張って街を歩いてほしい。

 ※映像と文章、あんまり関係ないかも(笑)