FC2ブログ

たまには、寄ってみるか

奴の生き様
07 /30 2017
 フットワークの軽さが好きなんだ。それは奴の性格にも表れている。

 野獣、だろうか・・・。
 確かに、ボクシングを始める前は野獣そのものだった。
 が、ボクシングを始め学び、そして力石の死・・・。それから時を経て、奴は甦った。野獣として、ではない。人間として、男として、より強く、だ。奴は力石の死から、大きく成長して、戻ってきたんだ。

 お世辞にも紳士とは言えない。
 だが、友情に厚く、ハートも熱く、しかしどこかクールで軽やか。そんな奴のフットワークの軽さが私は好きだ。金にも女にも縁のないところにも共感できる(笑)いい奴なんだよ。

 「あしたのジョー」はパート1も2も何度も見てる。その中でも、このエピソードが一番好きかな。

 
 
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

東洋のプライド

奴の生き様
04 /14 2017
 東洋の肉体を世界に知らしめた男。

 恐らく、水も飲んでない。
 肉食を断ち、女も断ち、動物として最も枯渇する水も断っている・・・。
 じゃないと、これ程までの体にはならない。

 体だけじゃない。スピードだ。このきれとスピード。スクリーンの裏には、想像を絶する鍛錬の上の鍛錬があったはずだ。


 執念だ。
 ブルース・リーは言葉を残さなかったが、その肉体が僕らに語る。
 その肉体に裏打ちされた奴の生き様が僕らに語りつづける。


 「Don't think! Feel!(考えるな!感じろ!)」
 
 
 
 
 

TRUTH/T-SQUARE

奴の生き様
04 /01 2017
 セナ・・・。


 
 
 

チャップリン

奴の生き様
02 /06 2017
 言葉の重み。熱さ。引き付けてやまない力。

 そう。力だ。

 それが、人格だ。正しく、人の格というものだ。


 チャップリンの『独裁者』より。

 この記事へのアンチテーゼでもある。


 町の平凡な一床屋が、容貌が似てるからと、独裁者(明らかにヒトラーだね)と間違えられ、戸惑いながらも登壇・演説する、という内容だ。

 私としては、チャップリンを信じたい。民主主義云々はともかく、チャップリンという人間性が素晴らしいのだ。

 チャップリンの映画はほぼ全部観た。おもしろい。喜劇として最高だ。今も笑える。チャップリンの人柄も伝わってくる。


 だが、ユダヤ人、もしくはヨーロッパの人たちならわかるが、日本人がヒトラーを忌み嫌う理由は、どこにもないはずだ・・・。


 この二人には共通点がある。

 どちらも、日本と日本人を深く愛したという点だ。


 
 
 

金子正次

奴の生き様
10 /22 2016
 「独り善がり」

 自分ひとりだけでよいと決め込んで、他人の考えを全く聞こうとしない・こと(さま)。どくぜん。

 と、辞書にある・・・。

 だが、そんな独り善がりも究極的で、そして圧倒的な力を持つ時、人はその男に引かれ、その男の持つ魔力のようなものに、いつの間にか飲み込まれていく・・・。
 そんな生き方を望むのであれば、中途半端じゃだめだ。
 徹底的・究極的、かつ、圧倒的な力が必要だ。

 そんな男は、休むとか余暇とかセックスを楽しむとか知らない・・・。


 そんな生き方をした男。
 例えば、尾崎豊。
 時代は違えど、信長。そして世界には、ナポレオンやヒトラー。

 彼らはただ自分だけを信じていた。あれもこれも否定し、神さえも拒否し、自分だけを信じていた。
 だが、彼ら自身知ってか知らぬか、最期は破滅だ。破滅が待っている。
 そしてその人生に幸せはない。勝利と成功、その高笑い・・・。

 だが何も計算してそう生きたのではないと思う。そういう生き方しか出来なかったんだと思うんだ。


 そしてこの男もまた・・・。


 
 

命は弱さを許さない

奴の生き様
09 /05 2016
 アドルフ・ヒトラーという男。

 諸手を挙げて賛成はできない。
 アウシュビッツ(ユダヤ人虐殺)という人類史に泥を塗る行為を行い、そんな黒い歴史を創った男だからだ。
 だが、私はこの男、無視できないんだ。

 できれば避けて通りたい。できれば見たくない。このブログにも載せたくない。
 だが、どうしても私の眼前に立ちはだかり、奴の言葉が私に迫る。
 真実は、時代を越えてなお生きる。なお輝く。

 「命は弱さを許さない」

 奴の言葉だ。

 
 

宮本武蔵

奴の生き様
04 /19 2014
 その波乱万丈の人生。その激しき、ストイックな生き方、生き様は、当時子供の私の心に深く影響を与えた。
 そして今もなお、私の魂を揺さぶってやまない。

 宮本武蔵。
 奴はひたすら自分だけを信じ、自分だけに生きた。
 そんな奴の魂が、この曲に宿っているようだ。


 
 
 

小説とは心だ

奴の生き様
03 /02 2014
 友はみな、僕からはなれ、かなしき眼もて僕を眺める。
 友よ、僕と語れ、僕を笑え。

 笑われてもしかたがない。鵜のまねをする烏(カラス)。
 見ぬくひとには見ぬかれるのだ。

 ああ、友はむなしく顔をそむける。
 ああ、けれども友は、ただかなしき眼もて僕を眺める。

 おかしいか。なに、君だって。

 

                 「道化の華」太宰治より(編集あり)



 苦悩していた。

 必要な廻り道もある。
 いや、廻り道こそ必要なのだ。
 素直になるんだ。素直に従うんだ。今の自分に。
 今の自分の、”それ”が気になる感性・感覚に。


 小説とは心だ。心で感じるものだ。

 感性こそすべて。


 このブログを閉じなくてよかった。



 「学んで時にこれを習う、亦たよろこばしからずや。」(孔子)

 自分を豊かにするんだ。


 何とか、なる。

魂の音楽たち

奴の生き様
01 /05 2014
 私はカラオケ文化があまり好きではない。

 音楽をそんなふうに扱ってほしくないのだ。

 私にとって音楽とは、生きる力だ。

 生きよ。もっと強く、もっと熱く、もっと自由に。おまえがおまえであるように。

 そんな彼らの熱きメッセージが、今も、私の心に響き、私を勇気づけている。


モトリークルー

 奴らがおれにロックを教えてくれた。

 おれたちはおれたちだ。好きにやらせてもらうぜ。

 「LIVE WIRE」は、奴らのそんなロッカー魂の叫びだ。

 奴らのそんな生き様、そのスピリット、力強さを感じる。

 最高だぜ。おまえら。

 


メタリカ

 兄貴。ジェイムス兄貴。元気にしてるかい。

 「Until it Sleep」を聞いて以来、おれは兄貴にべた惚れだぜ。

 力だ。強さだ。内々から湧いてくる生命の力を感じるんだ。

 男だぜ、兄貴。兄貴の男らしさにおれはどんなに憧れたことか。

 軟弱なおれをもっとぶん殴ってくれ。ジェイムス兄貴。

 


黒夢

 清春。おれはおまえ程のナルシストを見たことがない。

 だが、そこまでナルシズムだと、おれも心を動かされずにはいられない。

 「Like a Angel」と「少年」。

 おまえら、この二曲だけだ。

 だが充分だ。この二曲が今もおれの心を打つんだ。

 


尾崎豊

 私にとって、尾崎は文学者だ。

 芥川龍之介、太宰治、三島由紀夫、そして尾崎豊だ。

 「十七歳の地図」、「回帰線」、「壊れた扉から」。そして、「街路樹」。

 尾崎の問題はそのまま、私の問題だった。

 私は尾崎を忘れない。恐らく生涯、私は尾崎豊を忘れないだろう。

 力強くもあり、時に、弱々しくもあるその魂。

 私は尾崎豊なのだ。

 


中島みゆき

 人生の応援歌だ。

 厳しくも優しく、まるで心が包み込まれるようだ。

 もしかしたら、中島みゆきほど、人生を知る人はいないんじゃないか。

 「ヘッドライトテールライト」、「ファイト」・・・。数々の名曲たち。

 すべての曲が、人生に満ちている。その辛さも楽しさも。