FC2ブログ

ご報告

 おかげさまで、何とか決まった。実はもう働いている。施設形態は違うが、しかし、懲りもせず、介護職だ。

 「若者よ、仕事に見返りを求めるな。帳尻はいずれ合う」

 その通りだ。あるいは、帳尻さえも求めてはいけないのかもしれない。

 アルバイトなんだ。フルタイムのアルバイト。
 経験も技術も能力もそれこそ人間までも未熟な私が、正職員はやはりハードルが高かったのだ。
 そこで、またアルバイトから出直すことにした。

 やるからには本気で取り組みたい。

 今言えることはここまで。気にして下さった方、どうもありがとう。
 
 
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

くそったれの人生

 「まったくあいつはどうしようもねえ奴だ」

 今頃、職場じゃ徒党を組んで仲良し同士、そんな陰口叩いてるんだろうな。何とでも言うがいいぜ。

 だが、こちとら野良犬、どぶねずみ。時には牙だって剥くぜ。多数にだって向かっていくぜ。


 介護って仕事のいい所は、何と言っても、体を動かせる所だ。体を動かすことの大好きなおれにとってはもってこいだ。
 それに、人を元気づけたり勇気づけたりできる。
 また、一時的にしろ、死や老いを忘れ、童心に返って、人生ってやつを、今って時を楽しんでもらうことができる。

 そう。涙を笑顔に変えることができる仕事なんだ。

 おれの言うことは理想かい。夢かい。きれいごとかい。

 奴らに言わせりゃそうだろうな。
 笑うがいいぜ。見下すだけ見下せばいいぜ。お前らなんかにおれのこの思い、ハート、分かってたまるかってな。
 行くぜ。おれはおれで行くぜ。

 傍から見れば、おれはチンピラ。とても介護従事者には見えない。

 所詮、おれは野良犬、どぶねずみ。何を怖れることがある?

 おれは諦めないぜ。
 
 

解雇確定・・・


 「みんなで決めたルールをおまえは守れないのか!」


 突きつけられた。突きつけられたよ。見事に。まるで短剣のように。

 これが、これこそが、組織・集団の中で私が働く上での、正に命題だ。死活問題とさえも言える、私にとって最大の命題だ。

 答えは、Yesでもあり、またNoでもある。



 そのルールとやらが、正しいものであれば、それは当然守る。守るべきだし、精一杯守りたい。

 だが、正しくない、それはご利用者さんにとって良くないと感じるものであれば、その時はわからない・・・。

 その時は、私は、恐らく、その場その時その状況に応じる。何よりもご利用者さんの気持ちに応える対応をする。

 たとえ、組織のルール・やり方を破ってでもだ。


 それを世間では、自分勝手、自己中、わがまま、あるいは馬鹿と呼ぶ。

 変わらない。変えられないよ。こんな自分を・・・。

 周囲から白い眼で見られ、怒りと顰蹙を買い、あるいは嘲笑だ・・・。


 次、そう聞かれたら、私はこう答えるだろう。

 「申し訳ありませんが、私は、守れません・・・」

 緊張している。書きながら、震えている。得体の知れない恐怖を感じている。


 解雇、確定・・・。
 

 

2末まで

 私の今の職場での最終日が決まった。
 来年2月末まで、ということだ。
 縋りつくつもりもなく、私は素直に従った。

 しかし、いつ何が起こるかわからない。
 会社にとって決定的なミスを犯せば、私の場合、その場で即クビだ。
 まるで綱渡りだ。

 でも、挽回は一応可能らしい。
 要は、その期日までに人並みに仕事ができるようになれば、続投可能というわけだ。
 まあ、言いたかないが、それは無理だ。

 多数決だからだ。
 要は、周りからの評価ってやつだ。
 周りからの評価・・・。それは私にとって致命的だ。


 私は周囲の嫌われ者だ。
 あえて、嫌われることを、自ら進んでしている気もする。
 わざわざ自分から嫌われることを選択してしまっている気がする。


 この仕事(介護職)って、そうじゃねえだろ。
 人を、人の心を、データとして扱うんじゃねえよ。
 人は、人の心と体は、コンピュータでもないし、時計仕掛けでできてるわけじゃない。
 施設の都合ややり方を、ご利用者さんに無理強いするんじゃねえよ。それじゃ刑務所だ。
 ご利用者さんにいっぱい迷惑かけられるのが、おれたちの仕事だろ。

 ・・・。

 ともかく、他人に自分の人生を委ねたくも、左右されたくもない。

 今の職場で、技術的なことを中心にいろいろと学ばせて頂いた。だから、感謝してるよ。
 だけど、自分だけは変わらないよ。この自分の魂だけは・・・。
 あるいは、染まらないと言った方がいいかな。


 「和巳さんの底力、おれは信じてますよ」

 昔、SEの頃、プロジェクトが火の車の時、後輩が言ってくれた言葉だ。


 今だって健在さ。
 
 

またかよ・・・

 「あともう少し様子を見て、それでだめなら終了ということに・・・」

 とうとうお偉いさんのお出ましだ。地域統括本部長。大手ならではのまあ肩書きだ。

 もちろん素直に従った。

 あともう少しの時間がどれ程なのか、分からないが、まあ、2、3ヶ月くらいか。甘いかな。

 要は、くびだ。


 私は周囲(スタッフの方々)から明らかに嫌われている。
 味方なんていない。明らかに孤立だ。孤立無援の職場だ。
 周囲の信用を取り戻さない限り、と言われるが、信用とか信頼は心の問題だ。
 2、3ヶ月でどうなるものでもない。言いたかないが、それは無理だ。
 だから、要は、もうくびなんだ・・・。

 仕事の向き不向きとか、出来、不出来とかもうわからんよ。
 「継続は力なり」を信じて、とにかく毎日自分なりに頑張った。そのことだけは自信がある。
 だから、悔いはないよ。

 どうせ負けるなら、男らしく、潔く、負けたい。
 私は介護職員である前に男だ。その男のプライド、貫きたい。
 以前、どこかで誰かが言ってたな。プライドじゃ飯は食えないけどね(笑)


 心残りはある。
 私を厚く信頼して下さっているご利用者さんの方々だ。
 むしろ、私を正しくご指導して下さったのはご利用者さんたちだった。
 私は、ご利用者さんたちに多くを教えて頂いたんだ。
 見捨てるわけじゃない。くびだ。仕方ないじゃないか。だが、何となくそれは言い訳に聞こえる。


 この仕事、早く済ませればいいってもんじゃない。
 お体の不自由な方の生活のお手伝いをさせて頂く、出来れば、楽しく安心した日々の暮らし、そのお手伝いをさせて頂く。
 そんな仕事の要は、効率や合理性ではなく、やはり心だと思う。

 私がいなくなって皆さん(ご利用者さん)、大丈夫だろうか・・・。

 とは、ちと図々しいか。慢心に過ぎるか。
 いわゆるお仕事の出来る人はいくらでもいるのだから。
 そして、私の方こそ、支えられてるのだから。支えられて何とかここまで来たのだから・・・。

 少し強がってみようか。

 だが、この和巳に代替できる人間など一人もいない。


 ・・・。

 生活か・・・。う~む。やはり、重い。重いよ・・・。
 
 

島国根性

 香澄さんのこの記事を読んで、なんだけどさ・・・。
 ※香澄さん、勝手に記事にリンクしてしまって申し訳ないです。ご都合悪ければ、おっしゃって下さいね。

 つくづく日本人ってのはバッシングが好きな国民だな~って思うよ。
 まあ、日本人だけじゃないかもしれないけどさ。
 島国根性って言うのかな。

 やれ不倫すりゃバッシング、麻薬やりゃバッシング、三割打てなきゃバッシング・・・。

 不道徳?いや、そんなものどうでもいいんだ。そう、バッシングの内容なんて実はどうでもいいんだ。
 とにかく世間は、個人を打ちたがる。
 世間ってやつは、自分たちと違う個性をやたら嫌うんだ。と思うんだ。

 ・・・。

 これは私の被害妄想であってくれればいいのだが・・・。

 13時間労働で、休憩時間30分。もちろん、残業代なんてつきゃしない。
 って、何だこりゃ。
 単なる嫌がらせだろ。

 「あんたが仕事が出来ねえし、遅えのが悪いんだろ」

 けっ、端た金なんて誰がいるかよ。


 ・・・でもまあ、私は体力にはそこそこ自信がある。
 長時間労働は大丈夫だ。
 SE時代はもっとすごかったしね。連日の高残業、徹夜続き・・・、そういう経験もある。
 そんな経験が今生きてる。
 あんまり生かしたくない経験だけどね(笑)

 だけど、問題は労働時間じゃない。
 言葉だ。
 
 そんな細かいことでいちいちうるせーよ。
 それにちくちくと私の神経を逆撫でしたり、突き刺すその言い方。怒鳴ったり、冷たかったり、無視したり・・・。
 あるいは、超長々と延々と続く説教だか、文句だか、あんたの愚痴だか、武勇伝だか・・・。

 おれの心を潰そうってのか?

 ・・・。

 ごめん。これこそ、愚痴だったね。良くない。良くないね。己の弱さだ。


 「あなた、頑張りなさいよ。私も頑張って生きるからね」

 100歳を越えるご利用者さんの言葉だ。

 支えられてる。支えられてるよ。本当にありがとう。

 今後どうなるかわからないけど、自分なりに精一杯、頑張らせて頂こうと思います。

 こんな私で良ければ、これからも、精一杯やってみようと思いますので、どうぞよろしくお願いします。
 
 

ただ気力のみ・・・

 心なんてとっくに折れている。
 気力だ。
 心のさらに奥底にある気力。それを振り絞り、何とか出勤し、働いている。

 四面楚歌。針のむしろ。渡る世間は敵だらけ・・・。

 だけど、ご利用者さんたちに、自分のしおれた姿なんて見せたくない。
 心と裏腹。元気に明るく振舞っているよ。
 ご利用者さんの笑顔が好きだからね。


 心を痛めつけられると、筋力、体力がとんでもなく低下する。
 ほんとに体から力が抜けていくんだ。それに体にものすごい疲労を感じる。自然と姿勢も猫背になってしまう。仕事のパフォーマンスも落ちる。
 人間って本当に、まず心ありき、の生き物なんだなって思うよ。


 私の仕事の不出来、遅さにより、周りに迷惑を掛けているのは事実。

 私自身は、周り(世間)の目をそれ程気にしてるわけではない。
 しかし、世間は今、私をそう見、そういう偏差値をつけている。
 世間の偏差値によれば、私はそうとうだめな人間だ。

 改善?
 もう考える余裕もない。
 とにかく毎日出勤するだけで精一杯だ。


 先日、同期の集まりがあった。新宿。4人。全員男性。年齢ばらばら。

 「・・・和巳さん、それでも働いてるのって大したものですよ・・・」

 救われた。救われた気がした。そして、とってもありがたかった。嬉しかった。


 出来れば愚痴など言いたくない。
 愚痴とは己の弱さだからだ。
 たとえ口に出さなくても、愚痴なるものが心の中にある限り、私はまだまだ二流、三流の男だ。

 だが、そんな自分の弱さを、反論もダメ出しもしないで、素直に受け止めてくれる。
 それが、今の私にどんなにありがたいことか・・・。


 いくら自分、自分と強がり、男のプライドを気取っていても、何の才能もないこの私は結局、この世間に生きるしかない。


 明日も、ね・・・。
 
 

何だか仕事がつまらない・・・

 26歳くらいだったか。
 それまでの学生気分が抜け、仕事も覚え、仕事の面白さを覚えてきた。
 子供の頃とは違う夢を見、その夢に溢れ、そして是非とも達成したい目標もいつも目の前にあった。

 それまでがむしゃらに突っ走ってきた自分が見え始めてくる。
 それまで失敗ばかりだった自分の創意工夫。その努力や頑張りが生き始める。
 そして、プロジェクトが上手く行くと、飛び上がって喜んだ。快楽だった。快感だった。

 何より私を見る周囲の目が変わって行った。
 多くの評価を得られた。社内で特別厳しい部長にも信頼された。そして、”あいつは出来る奴”・・・。
 そんな快感もあった。

 燃えていたよ。熱かったよ。

 だが何、それは今だって・・・。


 30過ぎになると、もうその仕事が自分になる。
 お金もそれなりに充実していた。
 買いたいものがいつでも買え、食べたいものもいつでも食べれた。

 金曜の夜には彼女とセックス。あるいは、キャバクラ。そんなふうに遊ぶ金さえあった・・・。

 人生とか、男とは何かとか、余計なことはいっさい考えなかった。

 ・・・。


 「過去のこと賛美して、で、あんた何が言いたいの?」って言われそうだね(笑)


 うん・・・。

 今、何だか仕事がおもしろくないんだ・・・。
 
 

ハートの熱さ、ただそれだけ

 仕事の不出来を手酷く指摘され、可能性さえも奪う言葉をぶつけられれば、そりゃ傷つくよな・・・。人間だもの・・・。

 でも、だからと言って、卑屈になってはいけない。投げやりになってもいけない。怒りで癇癪を起こしてもいけない。
 私の仕事の不出来で周りに迷惑をかけていることは確かなんだ。それを忘れてはいけない。
 あくまで、謙虚な姿勢と感謝の気持ちでその言葉を受け入れるんだ。そして私の能力の出来うる限り、次回の業務に生かすんだ。

 それが私の男としてのプライドだ。

 前の記事でもしかしたら誤解されたかもしれないが、自分を貫くっていうのは、そういうことだ。

 昔はそれが出来なかった。
 いったん、怒りの火が点くともう抑えられなかった。その炎は一気に燃え上がり、後先考えずに上司や会社のお偉方に牙を剥いた。
 それで幾つもの仕事を、志も中途半端に、ふいにしてきた。

 そんなことをいつまでも繰り返してちゃだめだ。



 でもね・・・。これ、負け惜しみに聞こえちゃうかな・・・。

 実務能力や介助技術はまだまだ私は未熟だ。
 だが、ご利用者さんを思う気持ち。その強さだけは負けてない。そのハートの熱さだけは、誰にも負けてない。
 そんなハートの熱さだけが、唯一、ぼろぼろの私を支えてくれている。

 ハートの熱さで勝負。明日もだ。

 行ってくるよ。

 
 
sidetitleプロフィールsidetitle

和巳(kazumi)

Author:和巳(kazumi)
40代。男。

ブログの趣旨を変えて、官能・エロスを含め、その他思うこと感じることを自由に書き綴っていこうと思います。

当初の趣旨から外れてしまって申し訳ありません。
雑多な内容のブログですが、ご理解の上、お付き合い頂ければ幸いです。

アダルト記事としては、今は、「官能の美学」が中心となってます。

ご意見、ご感想、大歓迎です!
しかし、ブログの趣旨に反すると判断される書き込みについては、削除させて頂きます。あらかじめご了承下さい。
それでは、よろしくお願いいたします。

■リンクについて
当ブログはリンクフリーですが、リンクして頂ける際、アダルト記事もあることにご注意下さい。

■メールアドレス
kazumikishi131108gm★gmail.com
※★を@に変えて下さい。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleお勧めリンク1sidetitle
sidetitleお勧めリンク2sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle

きょうもいいてんきっ♪♪♪

アダルトブログ宣伝ブログ

愛ラブYOU

~ 艶 月 ~   

私の愉しみと内緒のお話し

アヤ 調教されてます

涼子のM日記

絵空事を徒然に。。。
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleアクセスカウンターsidetitle
sidetitleオンラインカウンターsidetitle
現在の閲覧者数:
sidetitleQRコードsidetitle
QR