FC2ブログ

当ブログについて

未分類
11 /21 2017
 いつも拙ブログを見て下さっている皆様
 「相互リンク」、「ブロ友」をして下さってる管理者様

 大変お世話になっております。


 顔も名前も分からず、今後もお会いすることもない、ただブログを介してのみの関わり。
 私はそんな関係を割りと気に入ってます。

 
 一年以上更新の無いブログ・サイト様をいったん、削除させて頂こうと思います。
 このブログをご覧頂いていたら、本当に申し訳ございません。ブログ復帰なさいましたら、是非また相互リンク・ブロ友して下さいませ。

 また、誠に恐れ入りますが、私の自己判断により勝手にリンクさせて頂いたブログ・サイト様も多々ございます。
 ご都合悪ければ、すぐに対応いたしますので、管理者様、お手数お掛けしますが、ご連絡の程、どうぞよろしくお願いいたします。


 和巳
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

不倫

官能の美学
09 /25 2017
 どんな関係であれ、二人には二人にしかわからない事情ってのがあるもんだ。それを外野がとやかく言うもんじゃない。自分の常識を押し付けてはいけない。
 不倫であれ、SMであれ、まず、それが前提だ。二人の関係がもうそうなってしまっている場合、外野は黙って静観するだけだ。
 まあ、この記事はそれが前提だ。


 旦那さんなり彼氏がいる女性に手を出すってのは、ただの間男だ。
 さらに、自分が安全圏にいながらそういう女性とセックスすることは、間抜けを越えて、卑怯だ。存在感も何もない。欲望に負けたただのだらしない男だ。
 そんなことばっかしてると、いずれツケが回ってくるってもんだぜ。

 そうであってはいけないんだよね。
 本当にその女性を愛しているなら、奪うんだ。もしその女性に子供がいたら、その子供ごと奪う。子供は母親の持ち物だ。父権なんてない。それは法律上の話で、自然の摂理ではもはや父親なんて概念すらない。だから、母親もろとも奪っていい。より強い男がいい女を愛することができるんだ。
 でなければ、ただの間男に成り下がる。女性を傷つけるだけ。そしてそのツケは必ず自分に返ってくる。

 そもそも、まだ自分が強くなりもしないで、弱いままで、男はセックスなんてしちゃいけないよ。セックスは堕落の行為じゃない。男の真剣勝負さ(笑)
 
 
 

続きを読む

セックス

エゴイスト
09 /21 2017
 私は、身長165㎝、体重60kg、体脂肪率15%である。因みに、胴長短足で、仮性包茎だ。あと年齢は43歳だ。
 良くも悪くも、これが事実だ。私のルックス的事実である。
 私は、ジーンズとTシャツでモテない奴は、何を着ようが結局モテないと思っている。

 男の本意は、性行為において女性を満足させられるかどうかだと思っている。そこに身長など全く関係ない。

 必要なのは、男性的な存在感だ。私は、それがセックスの7割を占めていると思っている。要は、女性は、好きな男になら何をされても感じるものなのだ。
 それどころか、行為の前から快楽は始まっている。
 意識しようがしまいが自分が抱かれたい男と接する時、女性の脳内にエンドルフィンという麻薬物質が分泌され、それが自然と会いたいという気持ちにさせるのだそうだ。女心が目覚め生きる時だ。

 もちろん、女性が男に何を求めようが、それは自由だ。高身長、高収入、高学歴の、要は高ステータス。男性にそういう社会的価値を求めるのであれば、私は最低ランクだ。無視されるべき存在だ。

 だが、女の本能は理性よりも強いのだ。その感覚の繊細さ・鋭さ・中でも嗅ぎ分ける感覚は、男性の100倍以上だ。
 男の射精直前のあの我を忘れる程の快感。それが女性はセックスの間、ずっと続くと思っていい。
 但し、そういう存在感のある男性であればの話だ。
 

官能のフェラチオ

官能の美学
09 /21 2017
 気分を落ち着かせるため、あるいは精神を安定させるため、男は自分のペニスを握り締める。
 きつい時、しんどい時、ギュッと握る。
 これ、本当なんだ。その手の本(エロ本じゃないよ(笑))にもちゃんと書いてある。


 フェラチオが気持ちいい女とは離れられないよな~。

 アダルト動画:(無) フェラチオ射精21

JAPAN

日本
09 /19 2017
 外国人から見た日本、ということらしい。
 ちょっと前までは、日本と言えば、中国大陸の一部で中国の一部、のようなイメージだったが・・・。松田優作の遺作である『ブラックレイン』で描かれた日本はそんな感じだった。
 でもまあ外国の方々が日本にどんなイメージを持とうが、それは彼らの自由だ。僕ら日本人が日本人らしくあればいいのだ。

 中国の一部の日本。それが変わったか・・・。みんないい笑顔だ。自分がこういう土地、場所に生き、暮らしてるのか、と改めて感じさせられる。
 気持ちもまた、高揚してくるってものさ。

 
 

パラオの国旗

日本
09 /19 2017
 徒に日本を賛美したくないし、情報に左右されたくもない。
 だが、こういう映像を見ると、やはり、泣くね。あまりに美し過ぎて、自分が恥ずかしくなる。

 
 

喜び組

官能の美学
09 /14 2017
 この記事、不謹慎かな。顰蹙かな。

 北朝鮮には、「喜び組」なる女性組織があるとのこと。
 
 ----------------------
 『喜び組』――その名前を耳にしたことのある人も多いだろう。1984年12月に、金日成国家主席に次ぐナンバー2だった金正日総書記(当時は書記)に「喜びを与え」「休息を確保する」目的で結成された組織。
 ・・・
 『喜び組』は3つの部隊に分かれるとされる。
 歌や踊りを習得し、パーティーを華やかに演出する「歌踊組」、マッサージで慰労する「幸福組」、そして性的サービスを担当する「満足組」だ。
 ----------------------

 だ、そうだ。まあ、あいつらがやりそうなことだな。

 
 

続きを読む

虜...

姦なる思い(俳句・短歌・川柳等)
09 /12 2017

男の野望 果てしなき...

終わることなき深夜の宴...

縛められるは 女の体... 罰を受けるは 女の心...


「いい女は罪だ。罰を受けなければならぬ・・・」
めちゃくちゃな理屈だが、男はそれを強いる...。
その野望の宴は今日もどこかで、今も...。

170903kozumayou14.jpg 170903kozumayou13.jpg 170903kozumayou15.jpg 170903kozumayou11.jpg 170903kozumayou10.jpg
170903kozumayou09.jpg 170903kozumayou08.jpg 170903kozumayou07.jpg 170903kozumayou06.jpg 170903kozumayou05.jpg
170903kozumayou04.jpg 170903kozumayou03.jpg 170903kozumayou02.jpg 170903kozumayou01.jpg 170903kozumayou12.jpg 
 

箱根八里

日本
09 /03 2017
 この曲、誰が作ったか知ってる?

 暗い気分の時、暗い歌なんて聞いてどうする。

 そういう時は、そうだな。歌うのさ。